噴く

全て 動詞
396 の用例 (0.00 秒)
  • 甲板のあちこちに開けられた穴からは、盛んにガスが噴きあがっていた。 花村萬月『ブルース』より引用
  • その近くに行くほどに噴きあげてくるような力を感じたことは確かだ。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅢ』より引用
  • レナは俺の無言に耐えられなかったのか、勝手に顔から火を噴いている。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 02 綿流し編』より引用
  • 男に向かって噴きあがった血を、美也子は他人の血のように眺めている。 花村萬月『ブルース』より引用
  • アクセルを噴いた爆音が二人の言葉を三百メートル後ろに置いていった。 池上永一『レキオス』より引用
  • 訳もなく爽やかな気持が心の底から泉のやうに噴きあがつて来るのだつた。 牧野信一『四郎と口笛』より引用
  • 血を噴くような瞳で宙をにらんでいた韓世忠は、ゆっくりとかぶりを振った。 田中芳樹『紅塵』より引用
  • ゆっくりと速度を上げる自律バスの車体側面から、勢い良く火が噴いた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第09巻』より引用
  • その火をくような眼光に相手がひるんだのは、だが一瞬のことだった。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 02』より引用
  • もちろん塔九郎にはどうして土まんじゅうが火を噴くのか理解の外にある。 山田正紀『闇の太守』より引用
  • なにかを噴くように引退した張り師は笑い、湯飲みを座卓に運んでくる。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 少女が口を開きかけたところで、来須の消音式マシンガンが火を噴いた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 10 もうひとつの撤退戦』より引用
  • 男爵の声が終わらぬうちに、闇のあちこちから音と声とが噴き上がった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11a D-ダーク・ロード1』より引用
  • 彼が持っていた銃が放りだされ、雪の上におびただしい血が噴きだした。 荒俣宏『帝都物語3』より引用
  • 残る風筝が地上に落ちた瞬間、景行の左右でもそれぞれ炎が噴き上がる。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • 金に置き換えられていた人間関係の未熟さが一挙に噴き出るだけである。 橋本治『二十世紀(下)』より引用
  • 火を噴きながら暗い現実へと墜落して行く敵の機体であり、敵だったのだ。 森敦『意味の変容』より引用
  • 泉はまるで一つの灌漑かんがい水路すいろのようにいきおいよく岩の間からき出ていた。 宮沢賢治『泉ある家』より引用
  • 昨日から何度目か、発作に似た焦燥が噴きあげてきた時、ドアが開いた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 気配を察して顔を上げた瞬間、火を噴く銃口が目の中に飛び込んできた。 中野順一『セカンド・サイト』より引用
  • 次へ »