噴き出す

全て 動詞
734 の用例 (0.01 秒)
  • そのとき、Bさんの心にはじめて赤い炎のように噴き出すものがあった。 田中澄江『なぜ愛なのか 十三の報告から』より引用
  • 池底からいま噴き出したばかりの水は、脚も千切れるばかりいたかった。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 身体の底からあらしのような欲望が噴き出してくるのをナターシャは感じた。 つかこうへい『愛人刑事』より引用
  • 口の両脇からふた筋の血の線を噴き出したきり、女体の中へ消えていく。 菊地秀行『吸血鬼ハンター03 D-妖殺行』より引用
  • この血の海の中に沢辺惇の首筋から噴き出した血も流れこんでいたのだ。 郷静子『れくいえむ』より引用
  • 数歩も行かないうちに汗が噴き出してポロシャツの背を濡らしはじめた。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • 様々な感情 が一度に噴き出したようで、言いたいことが言葉にならない。 冴木忍『カイルロッドの苦難 9 思い出はいつまでも』より引用
  • 渋谷の気配が完全に消えた頃になって、恵美子の両眼に涙が噴き出した。 森村誠一『大都会』より引用
  • 通りまでの短い距離を歩く間にも、背中に汗が噴き出すのが分かった。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • ただそこに立ってるだけで全身からたきのようにあせしてくる。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第03巻』より引用
  • そう考えただけで全身の皮膚ひふから気持ちの悪い汗が噴き出してくる。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第04巻』より引用
  • そのときになって、文四郎は全身に熱い汗がどっと噴き出すのを感じた。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 全身の神経がいきなり呼び覚まされて、穴という穴からあせき出した。 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』より引用
  • 黙って聞いていたレニは、自分の全身にどっと汗が噴き出すのを感じた。 吉野匠『レイン6 大戦勃発 !』より引用
  • 言った驍宗の言葉に正頼が噴き出し、堂室の中に明るい笑い声が満ちた。 同人『十二国記』より引用
  • 問題のパイプより奥の壁から、猛烈もうれつな勢いで大量の水が噴き出し始めた。 賀東招二『フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上)』より引用
  • 白煎と呼ばれた猫はからも鼻からも口からも血が噴き出していた。 有吉佐和子『華岡青洲の妻』より引用
  • その一方の太陽から噴き出す紅のガスが、ここからはっきりと認められる。 神林長平『戦闘妖精・雪風(改)』より引用
  • 二度の手術に耐えた州波の傷跡は、その一言で新たな血を噴き出した。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • 何が燃えているのか、石の残骸ざんがいの下から真赤なほのおがき出していた。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 次へ »