嘔吐

全て 名詞
2,173 の用例 (0.01 秒)
  • 嘔吐するのを仲間に見られるのがいやで、その場から走り去ったものだ。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • もう一人は嘔吐おうとこらえるのに必死で、言葉を言えるような余裕さえない。 水野良『新ロードス島戦記1 闇の森の魔獣』より引用
  • そのあとに嘔吐したのも見ているはずだが、何も言わずに肩を並べた。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 小さい茶碗に一杯ならなんとか耐えられるが、二杯飲むと必ず嘔吐おうとした。 山口瞳『酒呑みの自己弁護』より引用
  • 嘔吐するのとは意味は異なるのだろうが、とにかく解決策はわかったのだ。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 特に高齢者で嘔吐反射が低下した患者の治療の時に注意が必要である。
  • 数字をみれば嘔吐したくなる私とは気持の上でも合う筈がなかった。 久坂葉子『灰色の記憶』より引用
  • 嘔吐感はすぐに去ったが、代わりに背中が震えだし、涙があふれてきた。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用
  • 現段階ではアニメオリジナルとなる失禁・嘔吐物の映像も同じ扱いである。
  • しかしそれはだんだん僕に嘔吐を感じ出させるところのものである。 堀辰雄『眠れる人』より引用
  • 過去の情景じょうけい交錯こうさくして眼前を通過するたびに、嘔吐感おうとかんのどの奥を熱する。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第01巻 「獅子序章 from the aspect of MIZU」』より引用
  • などと言っていたが、そのうちに何も言わなくなり、嘔吐しはじめた。 巖谷大四『懐しき文士たち 戦後篇』より引用
  • また舌の奥に指を入れたりして吐き気を催すことを「嘔吐反射」という。
  • けれど、その涙は悲しみのためではなく、無理に嘔吐したためだった。 大石圭『飼育する男』より引用
  • それは嘔吐したくなるほどの、死んでしまいたくなるほどの不快感である。 小池真理子『薔薇いろのメランコリヤ』より引用
  • 嘔吐行為を強制的に停止させようとするとパニック状態に陥る場合がある。
  • 出さなければという強迫観念で喉に指を突っ込み、ほんの少し嘔吐おうとした。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 胃の中のモノを嘔吐した日には、セイバーには別の意味で怒られそうだ。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • しかしすぐに嘔吐のように何か大きなものが体を走っていった。 林真理子『不機嫌な果実』より引用
  • 嘔吐おうとしなくなったとき、このような気分になることはわかっていたはずなのに。 峰隆一郎『人斬り弥介』より引用
  • 次へ »