嘉陵

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 本田技研工業と連携を深めており、合弁会社である嘉陵本田を設立している。 ...
  • 源流付近の嘉陵谷の地名から嘉陵江の名があるが、漢中を流れる漢水より西にあることから西漢水とも呼ばれる。 ...
  • 日本国内モデル生産終了後は中華人民共和国で現地法人の嘉陵本田が引き続き生産を行っていたが、2005年に製造を終了した。 ...
  • 愷は兄の許にあるをいさぎよしとせずして家を出で、経学の師嘉陵村尾源右衛門と云ふものに倚つた。 ...
  • 嘉陵江という名は、上流の陝西省宝鶏市鳳県で嘉陵谷という渓谷を通ることに由来する。 ...
  • 嘉陵におりましたとき、その土地の軍隊の張提轄に方天戟を学び、以後かなり使えるようになりましたので、人々から賽仁貴さいじんきの郭盛とよばれております。
  • 土手は馬場の柵の代わりを務めていたと考えられており、実際、土手には埒がなかったと村尾正靖が『嘉陵紀行』で記録している。 ...
  • 号を嘉陵と称した所からその記行文集を『嘉陵紀行』と唱えるが、実は後人の名付けたものである。 ...
  • また郭盛も、西川せいせん嘉陵かりよう生れの水銀売りだが、ともにこれも方天戟の使い手であり、呂方と張りあって、一つ対影山に二寨さいを構え、賊同士勢力争いをしていたのである。 ...
  • 郭盛は嘉陵出身の水銀の行商であるが、商船が嵐にあって破産、同じく食い詰めた若者達と共に徒党を組んで流賊となり、その一団は100人ほどに膨れ上がった。 ...
  • 前述『嘉陵紀行』の日ぐらし山・五助原・白子は、御囲場があり三方が谷津の日暮・字五助・捕込のあった白子に当たる。 ...
  • 光復軍総司令部創設式典は重慶の嘉陵賓館で挙行された。 ...
  • 御囲・陣屋は『嘉陵紀行』の日ぐらし山に当たる。 ...
  • 作品に、『嘉陵駅』がある。
  • 瓜州および「四人部屋」について書かれた江戸期の文書としては、菊池五山『五山堂詩話』巻10にある「本田昂斎」の項、三升屋二三治『浮世雑談』下巻第19話、大田南畝『三餐余興』収録「遊玉川記」、大田南畝『調布日記』、春登上人『花水吟草』、村尾正靖『嘉陵紀行』などがある。 ...