嗚咽

全て 名詞
1,538 の例文 (0.00 秒)
  • それは深く沈んだ嗚咽の声だったかと思うと、悲痛な叫びだったりした。 ...
  • 激しい嗚咽おえつのためになにかを訴えたくとも言葉にならない様子である。 ...
  • 照代のこの今の嗚咽はおそらくなにかの作品の中に使えそうだとも思う。 ...
  • さっきからおさえていた嗚咽おえつが、ここにおいてついに爆発したのである。 ...
  • エルゼの嗚咽おえつを聞いたような気がしたが、あれは風のうなりだったろうか。 ...
  • 私たちの席についていた女の子が、気がつくと嗚咽おえつをもらして泣いていた。 ...
  • これから二人の葬式をしようという感動が、低い嗚咽おえつになろうとしている。 ...
  • 嗚咽おえつまじりの声になったが私は作業台に寝たまま言葉を口から押し出した。 ...
  • 次の作品が始まっても、終わっても、嗚咽おえつはいつまでも止まらなかった。 ...
  • 夕暮れの甲板で、嗚咽をこらえていた少年の声が、まだ耳に残っている。 ...
  • 近くの公園で過ごした数日間の話になると、綾の言葉は嗚咽おえつで途絶えた。 ...
  • 斉藤が手を重ね慰めている女子は、悲鳴をやめると静かに嗚咽していた。 ...
  • しかしそののどから出てくるのは、奇妙に引っかかった嗚咽おえつのような音だけ。 ...
  • 私が受話器を耳に当てると、思いがけず娘の嗚咽する声が伝わって来た。 ...
  • 私の胸には、今にも嗚咽おえつがこみ上げてくるような感動が湧き上っていた。 ...
  • 彼女は嗚咽おえつを子供たちに気づかれまいとしているようにみえた。 ...
  • だれにも忘れ去られたような病院の片隅かたすみで、わたしの嗚咽おえつだけがひびいた。 ...
  • 次へ