嗅覚

全て 名詞
1,668 の用例 (0.01 秒)
  • ここから彼が特異な嗅覚によって知ることが出来た世界の説明が始まる。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 目覚めると、どこからか謎の声が聞こえ、嗅覚が異常に良くなっていた。
  • また、味見をせずに見た目と嗅覚のみでしか出来具合を判断していない。
  • 彼らの組織と鋭敏な嗅覚は往々にして警察よりも先に事件を嗅ぎつける。 森村誠一『科学的管理法殺人事件』より引用
  • 刺激臭は通常の嗅覚刺激のように嗅細胞によって感知されるのではない。
  • けれどやや理解力や嗅覚にけて来ると、自然ぼくの疑問にもなっていた。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • 匂いと嗅覚の中にこそ新しい学問の可能性があるのかもしれない。 鹿島茂『セーラー服とエッフェル塔』より引用
  • だから美雨の場合も、嗅覚は単に回路として使われているだけのはずだ。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • 揮発性物質が嗅覚器の感覚細胞を化学的に刺激することで生じる感覚である。
  • 嗅覚きゆうかく的にも、畳はぼくらの心を落ち着かせる独特のにおいを持っている。 原田宗典『27』より引用
  • そして、嗅覚きゆうかくで知り得た情報を私は言語によって再構成することが出来ます。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 一方ではまた、嗅覚きゅうかくと性生活との関係を研究している学者もあるくらいである。 寺田寅彦『試験管』より引用
  • 顔の形が問題になったりするのもそのせいだが、嗅覚もあなどれない。 澤口俊之『あぶない脳』より引用
  • 鳥を嗅覚で捜索し、発見するとポインティングを行って主人に知らせた。
  • 動きはゆったりとしているが、慎重で正確な嗅覚追跡は貴族に好まれた。
  • あの日からしばらくは敏感すぎる嗅覚に由紀子はずっと悩まされていた。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 特殊な嗅覚器官によってまわりの様々な匂いを嗅ぎ分けることができた。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 嗅覚器としての鼻腔は盲嚢だ、といえば、変だと思う人も多いであろう。 養老孟司『ヒトの見方』より引用
  • この鼻を自分の鼻につけると、警察犬のように強力な嗅覚で人を追跡できる。
  • 嗅覚コミュニケーションはいくつかの例を除いてまだ明らかになっていない。
  • 次へ »