営営

全て 副詞
20 の用例 (0.00 秒)
  • 校内に教導団が組織されると、劉は教導第1団第2営営長に任ぜられた。
  • 僅かに正営営盤は大湖郷内の五寮角一体であったと推察されている。
  • 一回の大地震でそれまで営営と築いて来た文化は一朝にして潰れてしまうのです。 横光利一『厨房日記』より引用
  • 一回の大地震でそれまで営営と築いて来た文化は一朝にして潰れてしまふのです。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • 幸いに、長年営営と働いて来たおかげで、外で浮気をたのしむほどの貯えはある。 藤沢周平『よろずや平四郎活人剣(下)』より引用
  • 光緒年間になると大湖撫墾分局が設けられ、林朝棟が率いる棟軍大営、正営営盤が設けられ寺とされる。
  • あるのはただ、太古以来、大自然の摂理にしたがって営営と生命のいとなみを果たさんと生きつづけてきた女の姿だけである。 篠田達明『にわか産婆・漱石』より引用
  • どうでも良いことばかり雲集している世の中で、これだけはと思う一点を、し動かして進行している鋭い頭脳の前で、大人たちの営営とした間抜けた無駄骨折りが、山のように梶には見えた。 横光利一『微笑』より引用
  • 書いている間中たえず自分の未熟さと力不足を痛感させられ、葦の髄からのぞいていたのにもせよ数えきれないほどの人間が営営として切り開いてきた芸術の世界の果てしない広さと深さを知らされた二年間でもあった。 長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』より引用
  • しばらくして日本軍の中隊が西から倉庫を攻撃し、第3営営長の石美豪が顔を撃たれたが、その後再び脚を撃たれるまで指揮を執り続けた。
  • 八頭家の先祖が営営と発掘収集した呪われた宝物が、ところ狭しと並べられている。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • 以後、順調に昇進し、1923年3月、憲兵司令部参謀長兼第1営営長に就任した。
  • 最初は学問を志していたが、1912年3月に募兵に応じ、左路備補軍第2営営長を務めていた馮玉祥の下で兵士となった。
  • 第1営営長楊瑞符は、彼が2ヶ月以上確保してきた拠点を放棄しなければならないことに困惑したが、孫師長から第1営への四行倉庫防衛の命令書を見せられると、これに同意した。
  • 護国戦争終結後、第16混成旅は河北省廊坊に移駐して、張は騎兵営営長に任命された。
  • 辛亥革命後の1913年9月、貴州陸軍第1団第2営長に任命され、まもなく第1営営長となった。
  • 清朝滅亡後は、左路備補軍を率いる陸建章の引き立てで、馮玉祥は第2営営長として復帰する。
  • 陝西省に戻って後は、陳樹藩率いる第3混成旅教導営軍官連で学び、その後、遊撃営営長まで昇進している。
  • 中国工農紅軍第4軍の排長、紅12軍の連長、中央革命軍事委員会特務営営長、紅1師第3団団長、紅2師師長を歴任し、中央ソビエト区の対「囲剿」と長征に参加した。
  • 以後、翰林院編修、戸部主事、北洋銀元局会弁、永七塩務局総弁、陸軍糧餉局総弁、行営営務処総弁、清理財政局総弁、禁煙局総弁、直隷銀行督理、財政総匯処幇弁、湖広総督後路軍軍需局総弁、長蘆塩運使兼護直隷梟司、湖南提法使、度支部承参行走などを歴任した。