営む

全て 動詞
2,990 の用例 (0.01 秒)
  • 他人に電気を供給する事業を営む者により、その目的で設置されるもの。
  • 前頭連合野はそもそも複雑な社会関係をうまく営むために進化してきた。 澤口俊之『あぶない脳』より引用
  • 六人が「共同生活」を営むことでひとつの個になろうとしたのであった。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(5)』より引用
  • だが、今では社会生活を営む必要上、われわれは殺人を犯罪としている。 モーパッサン・ギ・ド『狂人日記』より引用
  • もうひとつの人生、それも正しい人生が、別の場所で営まれているのだ。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • 水田と畑で農業が営まれ、地区の中心の街道沿いに商店がいくつかある。
  • だがそれでも、そこでは静かな、そして実に平和な生活が営まれていた。 阿辻哲次『漢字のなりたち物語』より引用
  • 住むに家なく着る物もない人間が、はるかに余裕ある生活を営んでいる。 坂口安吾『ヤミ論語』より引用
  • ここでどんな生活が営まれていたのか、私には想像もつかなかっただろう。 シムノン/長島良三訳『メグレの打明け話』より引用
  • 十日前には荘厳な式が営まれたが、今日は僕ひとりだけのお葬式だった。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 物心ついた時からきこりいとなむ祖父と二人で、森の奥の小屋に暮らしていた。 ベニー松山『隣り合わせの灰と青春』より引用
  • 大きな町のはずなのに、実際に生活を営んでいた地域は限られていた。 阿刀田高『箱の中』より引用
  • 駐留軍隊のための、かなり賑やかな町が営まれていたのではなかったか。 井上靖『私の西域紀行(上)』より引用
  • 丘陵地が多く、古代より多くの都市が防衛のため丘陵上で営まれてきた。
  • その中には、昔新劇女優をやっていたという女の営む屋台もありました。 上林暁/坪内祐三編『禁酒宣言 ―上林暁・酒場小説集』より引用
  • あの狭い土地に多数の強力な民族が密集して多くの国家を営んでいる。 石原莞爾『最終戦争論』より引用
  • 同じく以前は酒造も営まれていたが、醤油とほぼ同時期に消滅している。
  • そういう人たちが営んでいる結婚生活っていったい何なんだろうか。 群ようこ『贅沢貧乏のマリア』より引用
  • その点、なんとなく薄赤い土の上に営まれた集落といった感じである。 井上靖『私の西域紀行(上)』より引用
  • 集団生活を営んでいるが、ここは病院であり、男女とも入院患者である。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 次へ »