営み

全て 名詞 動詞
2,221 の用例 (0.01 秒)
  • 彼が置かれた状態は人間が社会生活を営み始める以前の自然の状態である。 デフォー/佐山栄太郎訳『ロビンソン・クルーソー』より引用
  • それはシステムの営みが維持する同一性の範囲内における変化にすぎない。 内田隆三『社会学を学ぶ』より引用
  • つまり、その故郷の営みのすべてが、社会教育だと言っていいのである。 小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』より引用
  • そして彼の後期の営みこそ、後者の問いに答える哲学であるとしている。
  • でも子を育て明日の食べ物を考える生活は人の自然の営みだと知りました。 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 胸に掛けた箱の上で、人形に猥褻わいせつな営みを演じさせている傀儡師くぐつしもいる。 柴田錬三郎『決闘者 宮本武蔵(上)』より引用
  • 何かそういう、生きるために必要不可欠の営みでなければならなかった。 吉村萬壱『ハリガネムシ』より引用
  • 彼女はもう数年も前から、病気を理由に彼との夜の営みを拒み続けていた。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 1) 家族八景』より引用
  • 都会の営みの排泄はいせつ物を集めて生きている自分に負い目をもっているのだ。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • さうして彼が降りた街には常に平和な人々と平和な営みがひろげられてゐた。 坂口安吾『風人録』より引用
  • 都市が人間活動の営みを表す姿なら、脳化しうる究極の形がこの姿である。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 混乱はあったものの、それはすぐに落ち着き、彼らは生活を営み始めた。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 同じ人間達の営みと死去でなければ、おまえを祀りあげるには不十分だ。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • 人間たちが想像する神々の営みに共通するものがある、ということだろう。 阿刀田高『楽しい古事記』より引用
  • このあたりにもう人間は生活を営み、赤ん坊さえ泣いているのであろうか。 原民喜『廃墟から』より引用
  • このあたりにもう人間は生活を営み、赤ん坊さへ泣いてゐるのであらうか。 原民喜『廃墟から』より引用
  • それは避けられない人の営み、老人は生という巡礼を終えて山へ帰る。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • が、妻に夫婦の営みのことを考えさせる刺激になったことは確かなようだった。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 少年の白い手はどこかで私たちの愛の営みを見ていたのです。 阿刀田高『自選恐怖小説集 心の旅路』より引用
  • 科学的営みが社会的文脈の中に位置づけられるのは当然のことである。 茂木健一郎『思考の補助線』より引用
  • 次へ »