営々と築き上げ

8 の用例 (0.00 秒)
  • 慶次郎に惚れたら最後、自分が営々と築き上げて来た人生が崩壊してしまうことを、弥助は本能的に知ったのである。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • 私が十年間営々と築き上げたわが劇団が、たかだか五十万円の値しかつけられなかったとは情けない。 つかこうへい『傷つくことだけ上手になって』より引用
  • 核爆弾を作るのにだって人間は莫大な時間をかけてきた、などという屁理屈を抜きにしても、真実、今まで営々と築き上げてきた地球というこの星を、本気でそこまで積極的に破壊しようという試みを持つことは、とても難しいことではないだろうか。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • そのことさえ明らかにできれば、人類が今まで営々と築き上げてきたさまざまな知的達成が、一つの視野の下に統一できるものと思った。 茂木健一郎『思考の補助線』より引用
  • 私の我慢が足りないばっかりに、それまで先代が営々と築き上げてきたものを、ぶちこわしてしまうこともありました。 高杉良『勇気凜々』より引用
  • しかし、彼が何と言おうと、乗取りが、他人の営々と築き上げたものを奪取することに何の変りもない。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • 初代皇帝がここに皇都を定めたときから、営々と築き上げられ、増築と補強をり返してきた都の外縁がいえんめぐる長城壁じょうへきは、いつも、南大陸から北をおとずれる風船かざぶね商人たちの目をおどろかせてきた。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 下巻』より引用
  • 往年の圧倒的シェアは無いものの、営々と築き上げた独自規格を断念するという大きな試練を経ながらなお、2010年代まで国内首位を維持している。