喪服

全て 名詞
1,294 の用例 (0.01 秒)
  • 多くの女性がそうであるように、喪服が彼女をより魅力的に見せていた。 小林信彦『紳士同盟』より引用
  • 大きなカシの木の後ろに、喪服を着た一人の魅力的な女性が立っていた。 小池真理子『第三水曜の情事』より引用
  • 私の受けた印象では、黒い喪服を着たフランスの未亡人のようであった。 クリスティ/松本恵子訳『ザ・ビッグ4』より引用
  • 喪服姿の初老の男が電話で話をしていて、周囲を十人前後が囲んでいる。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • 玄関の周囲で、何人かの喪服の客が、遠巻きに僕の様子を見つめていた。 山下卓『BLOODLINK 第01巻』より引用
  • 喪服を作らなかったのは、準備しているみたいで嫌だったからではないか。 今野緒雪『マリア様がみてる 11 パラソルをさして』より引用
  • どういう関係者かわからないが、喪服を着た若い女性がほかにも一人いた。 小林信彦『紳士同盟』より引用
  • わたしが身につけている喪服は、息子のためのものじゃないんですからね! ヴェルヌ/江口清訳『皇帝の密使(下)』より引用
  • テーブルの上に茶が流れ、喪服姿の女たちが慌てて台布巾で拭いている。 篠田節子『レクイエム』より引用
  • このレストランでテーブルを囲んでいる者の大半が喪服を着ているからだ。 牧野修『スイート・リトル・ベイビー』より引用
  • 二人の部屋に帰って来ても、私は自分の喪服に塩を振る気になれなかった。 内田春菊『キオミ』より引用
  • 三人は喪服などもっていなかったので、黒のカジュアルウエア姿だった。 石田衣良『アキハバラ@DEEP』より引用
  • そして己自身の死を悼む喪服として、何時でも黒い法衣を着てゐる事だ。 ゴーチェ・テオフィル『クラリモンド』より引用
  • 見ると塔門の前に一人の女が黒い喪服を着て悄然しょうぜんとして立っている。 夏目漱石『倫敦塔』より引用
  • 黒いふたりは喪服をまとった未亡人のように静かに毎日を過しています。 工藤久代『ワルシャワ猫物語』より引用
  • それはテナルディエの飲食店を出る時彼が着せてやったあの喪服だった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 黒い喪服に身を包み、パーマをかけた髪がいつもよりさらに乱れている。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 黒い喪服を着ているにもかかわらず、彼女のようすは喜びにあふれている。 クリスティ/松本恵子訳『アクロイド殺人事件』より引用
  • もともと白い顔が、喪服の黒に包まれて、ほとんど抜けるばかりである。 泡坂妻夫『乱れからくり』より引用
  • よく考えたらこのあたしが普通の喪服で見送っても、彼女喜びやしないわ。 若竹七海『依頼人は死んだ』より引用
  • 次へ »