喪に服すこと

11 の用例 (0.00 秒)
  • バンダは深い哀悼の意を表明し、国民に対して一週間喪に服すことを求めた。
  • またキプロス政府およびギリシャ政府は、本事故の発生を受けて3日間の喪に服すことを決定した。
  • 一番のよき理解者でありもっとも力のあるパトロンだったカール6世が逝去し、オーストリア国内は1年間喪に服すことになったのである。
  • 劉裕が死去すると、劉義真は喪に服すこととなったが、隠れて魚肉や酒を嗜もうとしたため、劉湛は叱責した。
  • ブラジルの大統領であるルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ大統領は、国民は3日間喪に服すことを宣言した。
  • 侶は解放されて首都に戻るやいなや三年間の喪に服すことを理由に後宮に篭り、日夜宴席を張って全く政治をみることをせず、諌める者は全て殺すと宣言した。
  • 当時、太守である孫堅から孝廉に推挙され尚書郎となったが、父が亡くなったため郷里で喪に服すことになった。
  • ジルマ・ルセフ大統領は7日間の喪に服すことを宣した。
  • フアン1世は命からがら逃げ出したが、兵卒だけでなく多くの貴族を置き去りに逃げたため、カスティーリャでは1387年のクリスマスまで国中が喪に服すことになった。
  • また喪中に手紙を贈ったり、死者と関係はあるものの特別深い喪に服すことも無い人の場合は、灰色がかった青色「青鈍」や紫色「紫鈍」などの料紙や喪服を使う人もいた。
  • 教皇庁は埋葬後、九日間の喪に服すことになる。