喜多

全て 名詞
1,045 の用例 (0.02 秒)
  • 直ぐ傍に立っている喜多実君と坂元雪鳥君とであったかが腹を抱えて笑っている。 夢野久作『恐ろしい東京』より引用
  • その女は三十間堀けんぼりの喜多屋という船宿に奉公していた女に相違ない。 岡本綺堂『恨みの蠑螺』より引用
  • 何時頃得たかは不明だが、これは先の喜多院障壁画制作の褒賞とも推測できる。
  • 花の頃ではありませんでしたが、喜多院や三芳野天神へも参詣して来ました。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 一週間ほど前に喜多子の奴が病院へ来たんで、そうそうあの時あなたは留守でしたね。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 旧・大洲市は大洲市・喜多郡地域の行政の中心地として栄えてきた。
  • なお、エンディングなどでは喜多院のシーンが登場することも多い。
  • また観世・喜多の二流と他の三流とでは、演出にも異なる部分がある。
  • かつて南東側喜多にある金光寺から山頂までの参道は女人禁制であった。
  • 真中が担当していたパートは来宮良子と喜多で対応することになった。
  • 利吉の手紙の宛名は、殺されたお京ではなくて、主人の娘お喜多だったのです。 野村胡堂『銭形平次捕物控 13』より引用
  • 写真の下の活字を読むと喜多八がエラいこっちゃと叫んだ理由わけがほぼわかった。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • その弟子となった喜多長兵衛は隠元・木庵・即非画像を中心に制作をした。
  • 「構造実験室で殺人事件があったんだよ」喜多は犀川に説明した。 森博嗣『G 05 λに歯がない』より引用
  • その時私は喜多子をつかまえて、なぜあんなまねをするのかいてやったんです。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 陸軍大尉川喜多大治郎と妻こうの次男として東京で生まれる。
  • 喜多によれば全てが「アクが強い」ため選曲に苦労した事を明かしている。
  • 喜多 誠は、奈良県大和郡山市出身のプロバスケットボール選手である。
  • 国道379号沿いに喜多郡内子町小田地区の上流から始まり、西へ流れる。
  • 喜多はまったく動かなかったが、目を少しだけ大きくした。 森博嗣『四季 3 秋』より引用
  • 次へ »