喜多院

51 の用例 (0.00 秒)
  • 何時頃得たかは不明だが、これは先の喜多院障壁画制作の褒賞とも推測できる。
  • 花の頃ではありませんでしたが、喜多院や三芳野天神へも参詣して来ました。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • なお、エンディングなどでは喜多院のシーンが登場することも多い。
  • わずかに私の住む川越市の喜多院に、寛永年間、江戸城から移した建物がある。 稲垣史生『考証[大奥]』より引用
  • 喜多院とは、今年の四月まで、星野山無量寿寺せいやさんむりようじゆじ北院と号していた古刹である。 堀和久『春日局』より引用
  • そのさらに南側は江戸幕府の直営社であった喜多院や仙波東照宮が広大な寺領を構えた。
  • 墓は川越市の喜多院斎霊殿にあり、市指定史跡となっている。
  • 武蔵国川越喜多院の狩野吉信作のものがとくに知られているが、産業史・技術史の図像資料としても重要である。
  • これ以後、喜多院、仙波東照宮とともに江戸幕府の直営社となった。
  • 武蔵の国は川越の喜多きた院の空晴くうせい僧都の弟子である。 宮元啓一『日本奇僧伝』より引用
  • 川越には喜多院に、江戸時代のいい建築があるばかりでなく、町に昔の江戸の祭礼のふんい気が、そのまま缶詰のように、保存されている。 戸板康二『新々ちょっといい話』より引用
  • 天海大僧正が喜多院の住職となるまでは、中院が無量寿寺の中心的な役割を果たした。
  • 現在の本堂は川越の喜多院本地堂を移築したものである。
  • 四月の日曜と祭日、二日つづきの休暇を利用して、わたしは友達と二人連れで川越の喜多院の桜を見物して来た。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • それが前に見て置いた川越かはごえ喜多院きたゐんにある「芭蕉涅槃図」よりは大きさも大きかつたし、それに出来も面白かつた。 芥川竜之介『一つの作が出来上るまで』より引用
  • 喜多院での邂逅かいこう以来、一年数カ月ぶりに接する実条は、お福の目にはひときわ男ぶりが上がって見えた。 堀和久『春日局』より引用
  • さきにのべた川越喜多院の化粧の間のように、奥向の建物は薄暗く、妖しい雰囲気をただよわせていたであろう。 稲垣史生『考証[大奥]』より引用
  • 円仁が喜多院を創建したおりに、その鎮守として貞観2年に坂本の日吉大社を勧請したものであるといわれている。
  • 松尾は、下のロビーの電話でタクシーを呼び、川越大師とも言うらしい喜多院のそばにある安達院長の自宅を訪ねた。 深谷忠記『タイム』より引用
  • 父母がクリスチャンで川越初雁教会と関係があるが、本人をはじめ一族としては天台宗で喜多院の檀徒である。
  • 次へ »

喜多院 の使われ方