喜多郡内子

37 の用例 (0.00 秒)
  • 八日市護国は愛媛県喜多郡内子町にある伝統的建造物群保存地区である。
  • 国道379号沿いに喜多郡内子町小田地区の上流から始まり、西へ流れる。
  • 現在の喜多郡内子町中央からやや西寄りの地域にあたる。
  • 現在の喜多郡内子町の東部、四国山地の山中に位置する純山村であった。
  • 現在の喜多郡内子町の北東部、四国山地の山中に位置する純山村であった。
  • 愛媛県立内子高等学校は、愛媛県喜多郡内子町にある高等学校である。
  • 現在の喜多郡内子町の中央からやや西寄り。
  • 現在の喜多郡内子町の北東部にあたる。
  • ちなみに隣町である喜多郡内子町出身の著名人として、1994年にノーベル文学賞を受賞した大江健三郎がいる。
  • 中山町はまだしも、喜多郡内子町とは隣り合っているとはいえ、峠越えの難路である。
  • 行政区画としては、喜多郡内子町に属し、平成の市町村合併までは上浮穴郡小田町に属した。
  • 現在の喜多郡内子町南部にあたる。
  • 五十崎凧博物館は、愛媛県喜多郡内子町にある内子町立の凧の博物館である。
  • 愛媛県道245号河辺小田線は、愛媛県大洲市から喜多郡内子町へ至る一般県道である。
  • 愛媛県の南予地方のうち、喜多郡内子町、大洲市のうち旧喜多郡河辺村などには、木造の屋根付橋が現存している。
  • 愛媛県道244号内子停車場線は、愛媛県喜多郡内子町内を通る一般県道である。
  • その他に西予市、喜多郡内子町、西宇和郡伊方町を範囲とする。
  • 伊予立川駅は、愛媛県喜多郡内子町立山にある四国旅客鉄道予讃線の駅である。
  • 愛媛県道229号鳥首五十崎線は、愛媛県大洲市成能から喜多郡内子町五十崎へ至る一般県道である。
  • 立川村は、1955年まで愛媛県喜多郡にあった村であり、現在の喜多郡内子町の北部、伊予市に接する地域にあたる。
  • 次へ »

喜多郡内子 の使われ方