喜多郡

78 の用例 (0.00 秒)
  • 平成の合併により、郡境を越えて合併したため、現在は喜多郡に属する。
  • 海岸線に沿って東は喜多郡出海村に、西は西宇和郡伊方村に接している。
  • 八日市護国は愛媛県喜多郡内子町にある伝統的建造物群保存地区である。
  • ちなみに、明治期には喜多郡も中予に含まれていたとの説もある。
  • 旧・大洲市は大洲市・喜多郡地域の行政の中心地として栄えてきた。
  • 国道379号沿いに喜多郡内子町小田地区の上流から始まり、西へ流れる。
  • 現在の喜多郡内子町中央からやや西寄りの地域にあたる。
  • 現在の喜多郡内子町の東部、四国山地の山中に位置する純山村であった。
  • 旧喜多郡長浜町の代表駅でその中心部にも近い。
  • 合併前にはこれが伊予郡と喜多郡の境であり、かつてその位置には郡境であることを示す標柱が立っていたのだが撤去されている。
  • 問題を複雑にしたのが、大洲市と喜多郡が、松山市を含む中予管轄を希望したことである。
  • 古くは上浮穴郡に属したが、平成の合併により、郡境を越えて合併したため、現在は喜多郡に属する。
  • 愛媛県喜多郡大洲町で、旧大洲藩士・力石八十綱の長男として生まれる。
  • その後は母親の実家がある愛媛県喜多郡新谷村に疎開していた。
  • 現在の喜多郡内子町の北東部、四国山地の山中に位置する純山村であった。
  • 明治期には喜多郡も中予地方に属した。
  • 愛媛県立内子高等学校は、愛媛県喜多郡内子町にある高等学校である。
  • 現在の喜多郡内子町の中央からやや西寄り。
  • 現在は、喜多郡の内子町、五十崎町と郡を越えて合併し、南予地方の一部となっている。
  • 大正11年2月11日喜多郡水産会を設立し、会長に就任した。
  • 次へ »