喜多郎

29 の用例 (0.00 秒)
  • その後喜多郎の音楽からの影響を受け、ソロとなりニューエイジ系の音楽を自らの作品とする。
  • ニューエイジ部門にノミネートされていた喜多郎は受賞を逃した。
  • 日本では、喜多郎などが先駆けとして活動するようになる。
  • 日本人の受賞者には喜多郎がいる。
  • 喜多郎が長良川を上流から下流まで見て感じとったそのままを音楽で表現し創り上げた。
  • 同日喜多郎を乗せアメリカ本土へ向かっていた飛行機はハワイに緊急着陸する。
  • 共演アルバムを作りたいと喜多郎に要請する。
  • 同アルバムで喜多郎は3度目のグラミー賞ノミネートを果たす。
  • 喜多郎も在籍していた。
  • しかし、喜多郎のスケジュールが合わずに実現しなかった。
  • 前後のテーマ曲は喜多郎が作曲・演奏したオリジナルで、小林克也によるタイトルコールと提供クレジットがついた。
  • レコーディングの一部は喜多郎のスタジオで行われ、喜多郎が8曲中4曲をプロデュースした。
  • ジュール・ベルヌの『十五少年漂流記』をモチーフにしており、喜多郎が企画・音楽を担当した。
  • また、日本の作曲家である喜多郎は1975年にヨーロッパでシュルツと出会い、その元でシンセサイザーについて学んだ。
  • この作品は、生活、レコーディング、そしてツアーと、活動の場をアメリカに求めてきた喜多郎のアーティストとしての評価を一層高める。
  • 喜多郎が当時に所属していたバンド「ファー・イースト・ファミリー・バンド」のレコーディングのプロデュースをシュルツが行なっていたという関係がある。
  • ジュール・ヴェルヌの小説『十五少年漂流記』や1992年の日本映画『喜多郎の十五少女漂流記』との関連はない。
  • シンセサイザー奏者として脚光を浴びる喜多郎がキーボード奏者として在籍していたことでも知られる。
  • 番組ナレーションは石坂浩二、音楽は喜多郎が担当した。
  • のちにシンセサイザー奏者として大きく成長する事となった「喜多郎」に「我が師」と敬愛を込めて呼ばれるのも、こうした経緯があるからである。
  • 次へ »