喜多見

全て 名詞
147 の用例 (0.01 秒)
  • 喜多見駅寄りに電車基地があり、同駅から引き込み線がつながっている。
  • 徳川家康が江戸に入ると、江戸勝忠は家康に仕え、喜多見の地を安堵された。
  • この喜多見の原の家に住み始めてから、今度はもう第十回目の春がかえって来る。 柳田国男『野草雑記・野鳥雑記』より引用
  • 成城学園前駅と当駅の間に喜多見電車基地および喜多見総合事務所がある。
  • 岩戸南は金田の家のある喜多見七丁目に隣接している地域である。 森村誠一『棟居刑事の断罪』より引用
  • 現場は世田谷せたがや喜多見きたみの閑静な住宅街の一隅にある一戸建て平屋である。 森村誠一『棟居刑事の断罪』より引用
  • お犬屋敷は喜多見そのほかの地にも建てられた。 星新一『殿さまの日』より引用
  • 後北条氏滅亡後は徳川家康の家臣となり、姓を喜多見氏に改めた。
  • 通勤準急は準急に統合され、喜多見駅~和泉多摩川駅間は通過となった。
  • また生類憐れみの令を施行する犬大支配役に任命され、自領喜多見に犬小屋を建設したとされる。
  • 喜多見駅寄りに車両基地があり、当駅から出入庫線が繋がっている。
  • 苫田と泉の関係を知った喜多見は、苫田に泉と別れるよう説得する。
  • この喜多見氏が徳川家康が江戸転封となって駿府から移って来た時、徳川氏の家臣となった。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • 南口を出て商店街を抜けた世田谷通り沿いに「喜多見駅入口」停留所がある。
  • 喜多見の行きかえりに彼はいつも父の家の前はけていたのに、俺はなぜ今日はあそこを通ったのか、と彼は夜になり考えてみた。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 孫の重政は2万石の譜代大名となって喜多見藩を立藩、喜多見氏は藩主家となった。
  • 江戸氏は徳川氏が江戸を居城としてからはこれをはゞかつて、改姓して喜多見氏と称した。 木村荘八『東京の風俗』より引用
  • 五十分後、その車は世田谷喜多見町にある一味のアジトに着いた。 大藪春彦『戦いの肖像』より引用
  • 修一郎は、もう歌手になるのをあきらめ、喜多見には行かなかった。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • この江戸氏の子孫が今の小田急線の成城町近くの喜多見に移り住んで喜多見氏となる。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • 次へ »