喜多総領事

23 の用例 (0.00 秒)
  • 喜多総領事は八カ月前の三月十四日に赴任したばかりである。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 「お疲れでございましょう」と丁重に挨拶しながら、喜多総領事は苦笑した。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 彼らは喜多総領事以下全員を並べ、その身体検査をはじめた。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • 喜多総領事は、日米交渉の期限がきられていることは知らない。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 米国方面ははじめての任地であるが、喜多総領事の赴任の背景には、海軍の要請があった。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 海軍は、日露戦争で旅順港を襲撃したように真珠湾攻撃を計画しているのではないか、との疑問は、喜多総領事はいささかもにおわさなかった。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 喜多総領事は涙を浮かべて吉川の手を握った。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • 約八〇キロの巨体を持つ喜多総領事の検査は特に厳重で、最後にサルマタまで下ろされた。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • だが、喜多総領事は、最近は海軍の真珠湾にたいする視線がとくに強まった気がしていた。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 話しかけられたと思って声をだした奥田副総領事に、喜多総領事は、いや、と首をふって黙りこんでいた。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • だが、むろん、来栖大使は喜多総領事にはなにも語らなかった。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • そこへ喜多総領事も出て来た。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • 夕食会は午後八時からホテルでひらかれ、約一時間半ほどつづいたが、喜多総領事は、来栖大使を見送る形で大使の部屋にはいると、低声でハワイの事情を説明した。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 在留邦人の中には、当時の知人もいたので、喜多総領事は、それらの邦人もふくめて夕食会を準備していた。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • もっとも、喜多総領事は、そういう諜報活動については来栖大使に報告しなかった。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 喜多総領事は、そんなことをいえばこのホテルだって物騒じゃないか、という来栖大使にうなずきながら、さりげない表現を選んで報告した。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 喜多総領事は部屋を出ると、ロビーで待っていた副総領事奥田乙治郎と一緒に帰宅したが、車中で独語した。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • とくに名指しではなかったが、海軍は「ハラのすわった人物」の赴任を外務省に求め、外務省は喜多総領事を選んだ。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • ああ、結構でした、と喜多総領事が思いだして応えると、来栖大使は、そう、それじゃ、と総領事に別れを告げた。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 喜多総領事は、副総領事奥田乙治郎と吉川少尉に作業させて、また回答文をカプセルにいれて鈴木少佐にもどしたが、なにか太平洋艦隊よりは真珠湾そのものに関心が集まっているらしい。 児島襄『開戦前夜』より引用
  • 次へ »