喜多条

17 の用例 (0.00 秒)
  • 妹の枕元にいた溝口は逆上し、病院の廊下で喜多条に雨霰と拳を浴びせる。
  • 県内ベスト8止まりの朝霧高校野球部に、新監督として喜多条が就任する。
  • 溝口はリーダー・喜多条らグループの主要メンバーのいるクラスの担任を任される。
  • 作詞者・喜多条忠の自伝的小説の映画化である。
  • 一時期は喜多条 忠を使用していた。
  • 文化放送で放送作家をしていた喜多条忠に、新曲のキャンペーンで訪れていた南こうせつが作詞を依頼した。
  • 第一番の歌詞にて、女性の側が風呂上がりにいつも待たされるという描写があるが、これは喜多条が銭湯にいた鯉を眺めていたため。
  • この時は、同姓でまぎらわしいため後北条氏の側は高広の姓を「喜多条」と呼び区別した。
  • 逆上した溝口は翌日学校で多くの生徒や教師が見守る中、喜多条に鉄拳制裁を浴びせる。
  • さっそく初日の自己紹介でナイフの洗礼を受けるが、溝口は投げつけられたナイフを逆に喜多条に向かって投げ返し、不良たちに正面から対抗する。
  • すかさず新田を中心とする体育会系グループの妨害にあい叩きのめされる溝口だが、そこへ喜多条らがバイクに乗って登場し加勢する。
  • 新田が理事長たちの不正を知りながら、学園を守るのが自分の義務だと信じ敢えて従っていたことを知った喜多条らは、新田たち体育会系グループと死闘を演じ、これをたたき伏せる。
  • 花房と淳子を襲った覆面の男たちは、グループの仕業と見せかけようとした体育会系グループだったことをつきとめた喜多条たちは、報復すべく学校に向かおうとする。
  • 体育担当の溝口は喜多条らを徹底的にしごきあげるが、喜多条らグループのメンバーはおかまいなしに授業を抜け出し、校内・校外を問わず無法の限りを尽くす。
  • B面の「マキシーのために」は、喜多条忠が初めて作詞した作品で、のちに第2期かぐや姫が吉田拓郎によるアレンジで、アルバム『はじめまして』に収録された。
  • なお、実際の歌の舞台はもっと下流の戸田平橋付近で、喜多条が住んでいた「三畳一間の小さな下宿」は豊島区高田3-7-17に所在した「千登世旅館」の隣りにあったといわれる。
  • エースの加入、ピッチャーから捕手への交代、喜多条の名采配など、ドラマティックにそしてヴィヴィッドに、白球に青春をかける若者たちの熱い魂を描く。