喜多村

全て 名詞
234 の用例 (0.00 秒)
  • 幕府の使節でフランスの方へ行ってるあの喜多村じゃありませんか。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 南側は喜多村彦兵衛に、北側は奈良屋市右衛門が分担して管理を行った。
  • 明治三十四五年のことであったと喜多村さんは云っている。 田中貢太郎『とんだ屋の客』より引用
  • 喜多村緑郎は八十歳になろうという年でも階段や自動車の乗り降りに人の手を借りなかった。 永六輔『芸人その世界』より引用
  • パンチの勢いに喜多村は押されるものの、右のローキックを蹴っていく。
  • 青山さんは御存じないかもしれませんが、この喜多村先生がまた変わり物と来てる。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • また、江戸町年寄を務めた喜多村弥平兵衛は光秀の末子ともいわれている。
  • ジャケットは喜多村の描く未来、世界、宇宙との融合を芸術的に表現している。
  • 函館奉行はこだてぶぎょう組頭くみがしらに、喜多村瑞見きたむらずいけんという人がありまして、あの人につきました。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 出頭の際には、奈良屋・喜多村両名も同道するようにという通知も出された。
  • アニメ・CDドラマでは全員の声を喜多村英梨が担当し、それぞれ僅かに変化をつけて演じている。
  • ただし、実際は喜多村が原田に対して攻めの姿勢を見せて圧倒するという展開になった。
  • なお、これらのコントでは喜多村が主に受け身役となっている。
  • 川口松太郎作「明治十三年」といふ喜多村の出しもの、大新派といふのみ。 古川緑波『古川ロッパ昭和日記』より引用
  • しかし、宝永7年に喜多村が願い出た時は米1千俵の「拝借」であった。
  • 俗伝として喜多村保光の娘、原仙仁の娘という側室がいたともある。
  • 喜多村緑郎と六代目が舞台で顔をあわせることになった。 永六輔『役者その世界』より引用
  • 浅田宗伯の才を見抜き、多紀元堅・小島尚質・喜多村直寛らに紹介した。
  • こういう諧謔の意味は知る人ぞ知ると言って、その志をあわれむ喜多村瑞見のような人もまた幕府内にいた。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 自分の恥を大勢の中へわざわざ見に往くものがありますかというと、喜多村君変な顔をして帰って往きましたっけ。 薄田泣菫『艸木虫魚』より引用
  • 次へ »

喜多村 の使われ方