喜多方

全て 名詞
284 の用例 (0.01 秒)
  • 喜多方市内では最大の総合競技場として2005年7月にオープンした。
  • 代替バス廃止後は喜多方市が運営するデマンドタクシーが運行されている。
  • 山里の前後君の家に喜多方の町の方から車で人が集まってくる。 豊田勇造『歌旅日記−日本編』より引用
  • 会津若松市と喜多方市の中間に位置し、付近で阿賀川と日橋川合流する。
  • 風間は福島県出身で旧制福島県立喜多方中学校を経て海軍兵学校に進んだ。
  • 岩木は三年前、福島県喜多方きたかたの高校を卒業して進学のため上京した。 森村誠一『殺人の赴任』より引用
  • 喜多方市は会津北部の中心地であり、明治以前は北方きたかたとよばれていた。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 12 陸奥・出羽ほか』より引用
  • 喜多方地区においては「東高」「東」という略称で呼ばれることも多い。
  • 喜多方市内の県立高校としては、設立がもっとも古い学校であった。
  • 喜多方警察署は、福島県警察が管轄する警察署の一つである。
  • 喜多方には、まだみたいところがないわけではなかった。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 12 陸奥・出羽ほか』より引用
  • 喜多方ではその中地氏にも会いたいと思っていたが、松本さんも知っていた氏は数年前、交通事故で亡くなっていた。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 12 陸奥・出羽ほか』より引用
  • 喜多方ラーメンとは福島県喜多方市周辺で作られるご当地ラーメンである。
  • 喜多方市は1954年に新設合併で発足したもので、本町とは別の自治体である。
  • 以後現在に至るまでラーメン店の同業者団体として喜多方ラーメンに関連する活動を行っている。
  • 喜多方市内では多くの区間で農地などが広がる中を通過する。
  • 喜多方市の映画館経営者の家庭に生まれる。
  • さらに猪苗代湖から日橋川を経て喜多方市において阿賀川へ合流する。
  • しかし昭和59年に日中線は廃止となり、以後は当村への交通は喜多方市内などから発着するバスがあるのみである。
  • また、会津坂下町から喜多方市山都地区や高郷地区への連絡にも使われている。
  • 次へ »