喜多川

全て 名詞
308 の用例 (0.01 秒)
  • 家族は、喜多川の一人息子と湯原の長男が一つちがいのことは、以前から知っていた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • そういって喜多川諒子はテーブルの上のキーホルダーをつかみとった。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 日下部は喜多川家のベッドの上でしばらくまどろみ、気がつくと十時をすぎていた。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • また中国武術指導を努める喜多川務も、七拳聖の1人として出演している。
  • とはいうものの彼らと行動していたということは、少女はきっと喜多川家の縁につながる人間なのだろう。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 喜多川家の敷地から出て牧草地のある山側の隣家へと進んでいく。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • それを教えてくれたのが喜多川さんの奥さんのサトさん。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 二人は門のある場所まで戻り、前に駐車してある車に乗りこむと喜多川家へと帰路についた。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 最初に声をかけたのは喜多川の方だった。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 従って、喜多川が九時二十分まで福岡駅の赤電話を使っていたのが事実であれば、彼の容疑は消滅する。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • それほど、青年の身体つきも顔立ちの印象も、喜多川と似ていた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • この村の誰もが喜多川家の鶏と同じ運命を辿たどることになる。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 喜多川の息子が高校二年、湯原の方が一年になっていた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 画姓に喜多川を称し、文化の頃に錦絵や版本の挿絵、肉筆画を描いている。
  • 喜多川は冷静な目に微笑を含んで答えた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 喜多川歌麿きたがわうたまろの絵筆持つ指先もかかる寒さのためにこおったのであろう。 永井荷風『妾宅』より引用
  • 日下部は簡単に自分の身分と喜多川家逗留とうりゆうの目的を話した。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 榊の最後の話は、湯原の中で、喜多川への容疑を一段と濃密なものにした。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • そして諒子の背後には喜多川家があり達三がいる。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 喜多川家の馬小屋にあった聞き書きの資料にも出てこない。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 次へ »

喜多川 の使われ方