喜多川

全て 名詞
308 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は、確かに十日夜九時十五分前後に、喜多川の電話を受けたと認めている。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 酒はかなり強そうな喜多川豊彦の血色のいい顔が、湯原の目に浮かんだ。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 彼女の指は喜多川の顔写真を選び出し、ほかの二枚は重ねて別の手に持っていた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 差出し人の名には喜多川諒子りようこと書かれていて、電話番号が並列されていた。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 何度も喜多川家にも電話を入れているが出る気配はない。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • これから喜多川家に世話になるとしたら、何より敵情視察が必要だった。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • が、喜多川がチラリと腕時計をのぞいたのを見て、湯原は姿勢を改めた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 「そんなものかもしれませんね」と、喜多川も気軽な口調ですぐにうなずいた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 八十近い富永恵一郎と七十三だという喜多川達三はほぼ同期のはずだった。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 岩崎の方から声をかけたという点も、喜多川の供述と一致している。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 錦絵では喜多川歌麿風の美人大首絵が約200点ほど知られている。
  • 岩崎が何らかの理由で喜多川のために偽証しているのではないか? 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • その相手が夫人の夫の富永医師や喜多川達三さんだったとしたら? 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 諒子をジープに乗せ日下部が運転して喜多川家に着いたのは真夜中だった。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • しかし、喜多川が現われたのは、九時五十分前後だっただろう。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 諒子はあわてて日下部の身分と喜多川家を訪れる目的について話した。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 実は喜多川さんの隣りの家の方からこちらに苦情が届いていて困っているんです。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • すると、清潔な眸に意志的な光をたたえていた高校時代の喜多川が甦った。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • これらが昨夜喜多川家の鶏小屋を襲撃して得たものだとしたら、数はもっとあったのではないだろうか? 和田はつ子『虫送り』より引用
  • ズボンに薄手のアノラックといったスタイルの喜多川達三が立っていた。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 次へ »

喜多川 の使われ方