喜多川歌麿

76 の用例 (0.00 秒)
  • 錦絵では喜多川歌麿風の美人大首絵が約200点ほど知られている。
  • 喜多川歌麿きたがわうたまろの絵筆持つ指先もかかる寒さのためにこおったのであろう。 永井荷風『妾宅』より引用
  • 主人公の喜多川歌麿を演じる水谷豊は17年ぶりの時代劇出演となる。
  • 画風は喜多川歌麿風で、その当時流行の歌麿に影響された人物のひとりだったと見られる。
  • 彼女らは鈴木春信、喜多川歌麿などによって一枚絵にまで描かれた。
  • 寛政の末から文化の頃にかけて役者絵や喜多川歌麿風の美人画を描いているが、作品は少ない。
  • 葛飾北斎や喜多川歌麿を含む日本の画家の作品は絶大な影響をヨーロッパに与えた。
  • 喜多川歌麿らが処罰されたのも、これに関連していた。
  • 喜多川歌麿風の錦絵美人画が多く、かなりの力量をうかがわせる作品が数点ある。
  • 寛政2年からその翌年にかけて喜多川歌麿による美人大首絵が現れると、大衆の好みは大首絵の方へ移っていった。
  • デジタル・ライブラリーには、喜多川歌麿の浮世絵も含まれている。
  • 専光寺の入り口付近に、江戸時代の浮世絵師である喜多川歌麿の墓への案内がある。
  • 初めはおそらく参勤交代で江戸に出て、喜多川歌麿の門人となる。
  • 江戸時代の浮世絵師である喜多川歌麿の墓があり、「歌麿寺」の通称でも知られる。
  • 可憐かれんな美人絵を得意とし、後に登場した鳥居清長とりいきよなが喜多川きたがわ歌麿とともに三大美人絵師の一人として今に評価されている。 高橋克彦『春信殺人事件』より引用
  • 佐賀藩の家中に住んだということが知られる以外に師弟関係などの詳細は不明であるが、その作風からは喜多川歌麿の影響が指摘されている。
  • 重政は次の天明期に美人画において活躍する鳥居清長に影響を与え、若き頃の喜多川歌麿を弟子のようにその面倒を見ている。
  • かつて、喜多川歌麿の門人かとされた時期もあった。
  • 喜多川歌麿きたがわうたまろも、こういった挿絵を描いた一人だった。 井田真木子『プロレス少女伝説』より引用
  • 享和から文化にかけて主に肉筆美人画を描いているが、その画風は師の豊国ではなく喜多川歌麿の晩年のものに酷似している。
  • 次へ »