喜多川春作

5 の用例 (0.00 秒)
  • と、吃驚びっくりしたような声をもらして、喜多川春作は、梯子段はしごだんの中途からあわてて、階下したへ影をかくした。 吉川英治『魚紋』より引用
  • と、これは喜多川春作が呟いた。 吉川英治『魚紋』より引用
  • その蟷螂さんと対局して、今、賭けておいた幾らかの金を取られ、しょんぼりと、もう石をくずした盤を、いつ迄、未練げに眺めていたのは、浮世絵師の喜多川春作きたがわしゅんさくだった。 吉川英治『魚紋』より引用
  • 書肆ほんやからは頻々ひんぴんと矢の催促をうけるので、版木彫はんぎぼりすりをひきけている彫兼ほりかね親爺おやじはきょうも、絵師の喜多川春作の家へ来て、画室に坐りこんでいた。 吉川英治『魚紋』より引用
  • ひょいと、振向くと、成程、喜多川春作が来るのだった。 吉川英治『魚紋』より引用