喜多川の家

5 の用例 (0.00 秒)
  • 喜多川の家の近辺にも、新築の高級住宅が目立ってふえていた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 湯原は、先刻、国光に会ったあとで、喜多川の家を訪ねている。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 喜多川の家の隣に住んでいた歴史の先生は、そこで花開いた万葉歌人たちの才気と望郷の哀切を、情感をこめて語ってくれた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • この時、喜多川の家の、チーク材のドアが開いた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 天満宮の参道の途中から、喜多川の家のある方へ、ゆるやかな坂道をのぼっていくと、お宮のこんもりとした楠の森の背後に、頂上の平らな四王寺山がやさしい姿で横たわっている。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用