喜多嶋

全て 名詞
30 の用例 (0.01 秒)
  • 私の探るような視線を感じたのか、喜多嶋氏は急に落ち着かなくなった。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 私の連れの男は、酒に酔ったのか好色な目を喜多嶋夫人に向けた。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • はっきり言って喜多嶋さんのしてくださったこと、すべて裏目に出ましたよ。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 喜多嶋との間には舞のほか渡米後に出生した長男と次女がいる。
  • 私は喜多嶋さんに言うともなく、一人つぶやいた。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • その後は喜多嶋洋子として絵本などを発表している他、時折テレビにも出演している。
  • なんでも人のうわさでは、夫人がまだ高校生の時に、一目ボレした喜多嶋氏が強引に自分のものにしたとか。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 母親は女優の内藤洋子、父親は音楽プロデューサーの喜多嶋修である。
  • 喜多嶋氏とは十二歳も違う。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 親権が喜多嶋に一旦戻った後、息子はアメリカの内藤洋子の許で育てられることになった。
  • 大沢との間に誕生した息子の親権は当初喜多嶋にあったが、2007年4月に大沢に移った。
  • 自分なりに、もっといい選曲をした人がいたら、編集部気付 喜多嶋隆あてでお便りを下さい。 喜多嶋隆『湘南レッド・シューズ』より引用
  • それから二か月後、ある《ヽヽ》ショックから立ち直った私は、喜多嶋氏に電話をかけた。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 喜多嶋さんを恨むのは、すべて筋違いというものだろう。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 有名なCMディレクターで、かつ新進作家の喜多嶋さんに、最近また自慢のタネが一つ増えたのである。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • ポニーテールはふり向かないは、喜多嶋隆原作の、女性ドラマーを主人公とした小説である。
  • デビュー曲以後はこれといったヒット曲に恵まれず、1969年10月にドラムスを喜多嶋瑛から河手政次に交代しながら活動を続けていたが、1971年春に解散した。
  • 奥さま心づくしの手料理が出た後、喜多嶋さんは「ふ、ふ、ふ」と低く笑って、私たちを自分の部屋に招き入れた。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 喜多嶋 隆は、日本の小説家である。
  • 枯れ果てた富田の一本松は厳かに鳥出神社の宮司である喜多嶋家の神官の手によって、年末に鳥出神社で行われる大晦日の篝火として葬られた。
  • 次へ »