喜多山

全て 名詞
28 の用例 (0.00 秒)
  • この時間帯は尾張瀬戸駅発の回送列車も尾張旭駅または喜多山駅まで数本運行されている。
  • 名古屋市守山区喜多山1丁目付近は渋滞が多く発生している。
  • また、喜多山駅周辺では連続立体交差化工事が始まっており、同駅は高架駅となる予定である。
  • なお、墳丘自体は名古屋市の管理する緑地「喜多山公園」として保存されている。
  • また、喜多山検車区が移転した尾張旭検車区には車両塗装のための設備は設けられなかった。
  • 喜多山に検車区があった当時は栄町駅 - 喜多山駅間の区間列車も数多くあったが、検車区が尾張旭に移転した現在では最終列車など限られたものとなっている。
  • 「せともの祭り」などでまれに尾張瀬戸発尾張旭駅または喜多山駅行きの臨時普通列車が運転されることがある。
  • 当時アメリカ軍の占領下であったため、アメリカ軍憲兵の指揮の下で警察や地元消防団員が警備救助に当たり、遺体を名鉄喜多山クラブハウスに収容した。
  • その他、事故によって破損した車両の修繕、瀬戸線所属車両の重要部検査および全般検査実施時における喜多山検車区への人員派遣などを担当した。
  • 喜多山検車区だった頃はデキ370形電気機関車が構内入換用に配置されていたが、検車区移転の際に廃車され、置き換えられた。
  • 安永3年に側室・喜多山氏を生母として後の伊達斉村が出生し、その養母となる。
  • ただし、当時は電力会社の名古屋電灯が夜間の電力需要に対応するべく毎日午後6時以降の電力供給を停止していたので、1910年に後に開業する喜多山駅の東側にあたる場所に火力発電所が設けられるまでは、蒸気動車も引き続き使われていた。
  • 駅東側には、戦災で焼失した大曽根工場に代わって、1946年に開設された旧喜多山検車区があった。
  • それまで、60年以上にわたって喜多山駅に隣接していた喜多山検車区が瀬戸線車両の保守・点検などの役割を担ってきたが、施設の老朽化と喜多山駅の高架駅化事業の開始によって、この尾張旭検車区へ名称変更の上、移転した。
  • 踏切を抜けると瀬戸街道の北側を走り、喜多山に着く。
  • さらに、瀬戸線の喜多山車庫のピット延長が行われたことに伴い、それまで2両編成を2本連結して4両編成としていたものが、4両固定編成の運用も可能となったことから、1996年には5次車・8次車までの車両から中間車2両6組を瀬戸線に転属させ、6本を4両編成化した。
  • 喜多山には瀬戸線で唯一構内踏切が残っている。
  • 栄乗入れ時からは、普通を栄町駅 - 喜多山駅間の区間運用とし、急行停車駅を除き、名古屋市内の駅は普通、尾張旭・瀬戸両市内の駅は準急という運用が行われていた。
  • 本形式は1965年10月から翌1966年1月にかけて順次瀬戸線の喜多山検車区へ搬入され、3730系および3770系へ供出する台車などを取り外したのち、種車となる木造電動車より供出された主要機器を再整備の上で搭載した。
  • 後の名鉄における社内組織再編に伴って、新川工場は直属の新川検車区のほか、鳴海・茶所および喜多山の3箇所の検車区を管轄する組織となった。
  • 次へ »