喜多子

25 の用例 (0.00 秒)
  • 一週間ほど前に喜多子の奴が病院へ来たんで、そうそうあの時あなたは留守でしたね。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • その時私は喜多子をつかまえて、なぜあんなまねをするのかいてやったんです。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 喜多子の奴、それで躍起となって、あらゆる術策をろうしたがききめがない。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 井原喜多子は美人だが、それほど有名な女優とは思えない。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 喜多子の奴、変なところを見られていたもんだから、はじめのうちは真っ赤になっていましたが、それでもとうとう白状しましたよ。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • しかし、柳の下にどじょうのたとえのとおり、そういつも井原喜多子のあの美しい姿を見るというわけにはいかなかった。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 喜多子の奴それほどの術策を弄してもまだききめがない。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • あの時の井原喜多子のぐんにゃりとした肢態したいは、なんとなく私も気になっていたのだ。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • このあいだから喜多子のああいう悩ましい写真をとっているうちに、いつか相手に魅力を感じて、ほかの男に渡すのが惜しくなった。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • やがて女は笑いながら長椅子から起き上がったが、それではじめて私はこの女が井原喜多子いはらきたこであることに気がついた。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • あの時井原喜多子がたいそう笑ったのはそのためで、あわれな彼女は、河野のすることを冗談だと思ったのだ。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 女の死体というのは井原喜多子であり、しかも彼女は溺死できししたのではなく、心臓をみごとにえぐられているというのだ。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 井原喜多子はそのたびにおもしろそうに笑っていたが、やがて尾形の姿がもとの方向へ消えると、入れ違いに間もなくさっきの男がやってきて喜多子のそばへ腰をおろした。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • ほら、井原喜多子が男と抱きあったとき、右手に白いものを持っていたとあなたは伯父さんにおっしゃったでしょう。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • そしてそれですっぽりと喜多子の体をくるんでやると、二人はそのままスタジオから出ていったらしく、間もなく白熱燈の光も消えて、あたりはまっくらになってしまった。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • それならばなぜ、井原喜多子は尾形と接吻せつぷんなどしたのだ。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • さて、喜多子が笑いながら、手振り身振りで何かいうと、いままで見えないところにいた女写真師の尾形貞子がケープのようなものを持ってやってきた。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 一昨日の晩、またもやあのスタジオに白熱燈がついたので、例によって私が久米の仙人的曲芸によってのぞいてみると、意外なことにはその晩の井原喜多子はちゃんと着物を着ていた。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 私と同じように久米仙くめせん的芸当をもって、井原喜多子の例の写真一件をぬすみみていた河野の奴は、このあいだ、井原がやってきたとき、なぜあんなまねをするのかと尋ねた。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 眠ろうとしても、あの井原喜多子の悩ましい姿態が眼について、どうしても眠ることができないのだ。 横溝正史『刺青された男』より引用
  • 次へ »

喜多子 の使われ方