喜多婆ア

18 の用例 (0.00 秒)
  • お喜多婆アの一言は、われわれのあいだに爆弾を投じたも同様の効果をもたらした。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アの登場がそうであったし、いままたこの恐ろしい生首の発見がそうである。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • ドアのところにお喜多婆アが、石像のように無表情なかおをして立っている。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 私がひざを乗り出すと、お喜多婆アはひややかな眼でジロリと私を見返した。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アが現われてから三日目のことである。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アの出現と、彼女の爆弾的な証言は、私たちを戦慄せんりつさせたのみならず、警察陣にも極度の緊張をもたらしたらしい。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • そのとき、また横合いから、鳥のようなキイキイ声をあげたのはお喜多婆アであった。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アをのぞいたほかのひとびとは、みないっせいに息をのみ、それから探るような視線を私のほうに向けたのである。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • このときにあたって、ただ端然と、冷然とすわっているのはお喜多婆アである。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アは決して激昂げっこうを言葉の調子にあらわさなかった。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 二度までこうして、お喜多婆アの痛烈な面罵めんばにあいながら、しかし、誰一人として抗弁しようとするものはなかった。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • 四方太のキイキイ声のあとにつづいて、お喜多婆アがゆっくりと、かんでふくめるようにいった。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アは、にくにくしげな眼差まなざしで、直記の横顔を視詰めている。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アはフフンと、あざわらうような皺を、鼻の頭にきざむと、意地の悪い眼でしばらくまじまじと私の顔を見ていたが、やがてゾッとするような声でこういった。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アの箪笥のひきだしから、ピストルを盗み出したのは、八千代さんではあるまいか。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • それから守衛もりえの乳母のお喜多婆アもいる。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アであった。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • お喜多婆アである。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用

喜多婆ア の使われ方