喜多善男

7 の用例 (0.00 秒)
  • 使用されたテレビドラマ『あしたの、喜多善男』へのゲスト出演も果たした。
  • 「自由死刑」適用者の第1号となった喜多善男は、死ぬ日を1週間後の金曜日と決め、限られた時間を楽しもうとしていた。
  • バッティングセンターが登場するタイトル曲のミュージック・ビデオでは、ドラマ『あしたの、喜多善男』に主演している小日向文世が出演している。
  • 喜多善男が「ヤシロ」という男と出会った結果命を狙われてしまうこと、およびアイドル・宵町しのぶとの狂言誘拐といった原作の内容を取り入れたオリジナルストーリーになっている。
  • 平均視聴率では、後に『あしたの喜多善男~不運な男の奇跡の11日間~』が放送されるまで火曜10時枠ドラマとしては歴代最低記録だった。
  • そしてこの10日後に受けたというオーディションから、『あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜』のレギュラー出演者に抜擢、この作品が初テレビ出演にして初レギュラーとなった。
  • 映画では2004年の映画『銀のエンゼル』で主演を、連続ドラマでは2008年1月期の関西テレビ制作・フジテレビ系『あしたの、喜多善男 - 世界一不運な男の、奇跡の11日間 - 』で主演を務めた。