喜多呂九平が

8 の用例 (0.00 秒)
  • 同社の演出部には神脇満こと寿々喜多呂九平が在籍した。
  • 本作を試写会で観たまだ無名の寿々喜多呂九平が、東京を離れて京都入りし、牧野の門を叩いた。
  • 寿々喜多呂九平が書き下ろしたオリジナルシナリオを二川文太郎が監督した。
  • のちに第二次世界大戦後、脚本を書いた寿々喜多呂九平が、加味鯨児名義で脚本を書き直し、ロクヘイ・ススキタ名義で監督してリメイクした。
  • 日本では、寿々喜多呂九平が本作を翻案して脚本を書き、二川文太郎監督、高木新平主演による『快傑鷹』が製作・公開され、高木は同作を機に「鳥人」と呼ばれるようになった。
  • 同社は、脚本家・寿々喜多呂九平が登場したことで知られるが、金森は、同年7月9日に公開された寿々喜多のデビュー作『浮世絵師 紫頭巾』を手がけ、同作では牧野とともに監督としてクレジットされ、以降、多く寿々喜多作品を手がけた。
  • 同時期に東亜キネマから独立した牧野省三が総指揮を執り、鬼才と呼ばれた寿々喜多呂九平がオリジナル脚本を書き、『快傑鷹』の二川文太郎が監督した。
  • 同上映を鑑賞した寿々喜多呂九平が京都入りして牧野教育映画に入社、前年11月に獏与太平、二川文太郎、内田吐夢、井上金太郎、江川宇礼雄、渡辺篤、岡田時彦、鈴木すみ子らが大正活映から同社に移籍、1923年4月には、国際活映から環歌子を引き抜いた際に、環が国活の大部屋俳優だった阪東妻三郎を牧野に推挙した。