喜多八

100 の用例 (0.00 秒)
  • 喜多八の話どおりだとすると香港や台北は日本人にとって観光の場所ではない。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 写真の下の活字を読むと喜多八がエラいこっちゃと叫んだ理由わけがほぼわかった。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 遅れて来た弥次郎兵衛は狐に化けて喜多八に馬の糞を食べさせようとする。 泡坂妻夫『折鶴』より引用
  • 処へ喜多八が口を出して、馬士うまかたが、と言いやす、馬がヒインヒインといばう。 泉鏡花『歌行灯』より引用
  • 鼻之助あらため喜多八はどこの生れとも書いてない。 福永武彦『第三随筆集 枕頭の書』より引用
  • その親子たちと先にホテルに戻り、一風呂あびて眠りこんだが喜多八は戻ってこない。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 同乗の若い者たちに同意を求めるが、喜多八は相変らず少女売買のことで頭はいっぱい。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 私が相手にしないので喜多八はしばしふくつらをしておりましたが、やがてプイと外に出ていきました。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • こういう昔話を急に思いだしたのは、我が居候喜多八がまた妙なことを言いはじめたからである。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 弥次郎兵衛と喜多八両名が東海道を連れ立って歩く滑稽な旅を描く。 泉鏡花『歌行燈・高野聖』より引用
  • その時の印象が強く、最終的に柳家喜多八に弟子入りをする。
  • このときの喜多八も好かったが、その後にわたしは本所の寿座ことぶきざで彼の蝙蝠安を観たことがある。 岡本綺堂『明治劇談 ランプの下にて』より引用
  • 喜多八に助けられて便所にいき、やっとホッといたしました。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 大体、外国を舞台にしていかにもいわくありげに書いた話の半分は眉唾だと思うべきだと、喜多八もやっとわかったであろう。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • ところがうちの喜多八のように品性よからぬ男となると、拙者やつがれのように考えんのだな。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 喜多八は中国人の女の子と遊んだ後、朝がた彼女とトランプをやって引きあげてきたと言う。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 喜多八は吐き棄てるように言うだけで、拙者やつがれにはさっぱり、わからん。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 喜多八と言うのは勿論、本名ではない。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 柿生の里に戻って、喜多八と議論をしました。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • その黙っているのをいいことにして、拙者やつがれと喜多八、デパートでどのくらい万引き可能か、身をもって実験してみたのである。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 次へ »