喜多

全て 名詞
1,045 の用例 (0.02 秒)
  • 平成の合併により、郡境を越えて合併したため、現在は喜多郡に属する。
  • 加えて、道の駅喜多の郷や押切川公園などの施設が本河川の近くにある。
  • そして、南は旧知の喜多條忠に相談し、制作を進行したとの経緯がある。
  • 喜多が外を見るためにカーテンを開けたので、ガラスに室内が映っていた。 森博嗣『四季 3 秋』より引用
  • 喜多氏方の例會に來て、その見物席に身を置いた時のわたしの感じがそれだ。 島崎藤村『桃の雫』より引用
  • 海岸線に沿って東は喜多郡出海村に、西は西宇和郡伊方村に接している。
  • 喜多の知っている人間ではない、つまり、友人に話しかけているのだ。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • 今日も川喜多一族の名は財団法人『』として映画界に燦然と輝いている。
  • 弥次・喜多両氏も,脱線の多い割にはなかなかよく歩いたもののようだ。 高田誠二『単位の進化』より引用
  • もう終わったのだ、と彼女は判断して、外で待っていた喜多を招き入れた。 森博嗣『四季 3 秋』より引用
  • 喜多六平太の道成寺なるものを一度も見なかったせいばかりではない。 夢野久作『道成寺不見記』より引用
  • 八日市護国は愛媛県喜多郡内子町にある伝統的建造物群保存地区である。
  • 直記さん、あなただってお喜多の話をきくまで知らなかったでしょう。 横溝正史『金田一耕助ファイル07 夜歩く』より引用
  • その選択に行き悩んで、白羽しらはの矢を立てたのが喜多屋のお安であった。 岡本綺堂『恨みの蠑螺』より引用
  • ちなみに、明治期には喜多郡も中予に含まれていたとの説もある。
  • では、何故喜多公はその夜の行動を明らかに説明しなかったか? 海野十三『白蛇の死』より引用
  • それから幾日かの後に、お安は喜多屋から突然に姿を消した。 岡本綺堂『恨みの蠑螺』より引用
  • 喜多八の話どおりだとすると香港や台北は日本人にとって観光の場所ではない。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 健助は瞬間どきりとしたが、その気持を隠さずに喜多公の顔を見詰めた。 海野十三『白蛇の死』より引用
  • 芸名から島田洋之介・今喜多代の門下と思われがちだが師弟関係は無い。
  • 次へ »