喜び

全て 名詞 動詞
19,383 の用例 (0.02 秒)
  • 反対に職業婦人風にして差し上げますと、一も二もなくお喜びになります。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • 驚きと喜びとで思わず声をかけると、襖はふたたび音もなしに閉じられた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • そして二人は、小学校の子供のように喜びながら、出かけてゆくのだった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • その外にまだなんだか胸に響くような鋭い喜びと悲しみの念が湧いて来る。 寺田寅彦『森の絵』より引用
  • そして、母親が結婚を承知した由を知ると、彼の喜びは更に大きかった。 豊島与志雄『或る素描』より引用
  • 自分の娘が宮廷に召し出されることは、彼には願ってもない喜びでした。 原民喜『ガリバー旅行記』より引用
  • あれほどの苦心と喜びとで定めた住居は、もう狭く醜いものに思われた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 伝兵衛は大喜びでそれを腰の魚籠びくへ入れたが、魚籠は魚で一ぱいになった。 田中貢太郎『亀の子を握ったまま』より引用
  • 一〇の方でも大喜びで「是非お願ひします」と言ふのでかけて見ました。 談洲楼燕枝 二代『燕枝芸談』より引用
  • その時には私はわが生命を救われたかのような喜びを生じたです。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 信子がもし其処に居たら、彼は恐らくその喜びを感じなかったであろう。 豊島与志雄『二つの途』より引用
  • それを見て、心配していた人たちは、ようやく安心して、喜びあいました。 豊島与志雄『長彦と丸彦』より引用
  • 顔の上には喜びと淋しさを現わし、唇は動かしているが声が出ない。 魯迅『故郷』より引用
  • 天皇は、それはそれは言うに言われないほどお喜びになりました。 鈴木三重吉『古事記物語』より引用
  • さう言ふ時の喜びは南の國の人にはとても想像の付かないものです。 江南文三『佐渡が島のこと』より引用
  • 二人は不思議な再会に、手をとって喜び合ったが、話はつきなかった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 彼の顔には押えても押え切れない喜びの微笑が浮び出て来るのだった。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • そういう所に生と死との意義があり、そういう所に生きることの喜びがある。 豊島与志雄『生活について』より引用
  • 博士の手を握って、ありったけの喜びの言葉をのべたいとおもいました。 海野十三『怪塔王』より引用
  • これを見ると、ジュピターの喜びはほとんど抑えきれぬくらいだった。 ポー・エドガー・アラン『黄金虫』より引用
  • 次へ »

喜び で始まる単語