喜びもつかの間

17 の用例 (0.00 秒)
  • だがその喜びもつかの間、アディナンは彼を呼ぶ歌声を聞き、一人王宮を出て行く。
  • その喜びもつかの間、まぼろしの滑走路のあたりで喜んでいた左近が機銃を浴びて戦死する。
  • しかし喜びもつかの間、なんと父親が学費に充てるはずのお金を全て使い果たしてしまい、進学のための費用がなくなってしまう。
  • しかし、喜びもつかの間、ロッカーは鉄スクラップリサイクル処理場へと運ばれた。
  • そこへお春を探していた母のともが現れ、松平家の殿が亡くなり若殿が後を継ぐので、共に暮らせることになったと知らせるが、その喜びもつかの間だった。
  • しかし、この勝利の喜びもつかの間、ラバウルに接近中の栗田健男中将率いる、第39任務部隊よりもはるかに強力であるとみられた日本艦隊出現の報により、アメリカ軍は新たに起こった緊急事態に極めて迅速に対応しなければならなかったのである。
  • 解放された喜びもつかの間、パパンドレウとイギリスはゲリラを正規軍に置き換えるという問題に直面した。
  • しかし、再会の喜びもつかの間、戸倉家の事業の失敗から綾に政略結婚の話が持ち上がる。
  • マッハウインディとの連携で試合の流れを引き戻し、念願の初勝利をものにしたのだが、喜びもつかの間、ダークの工作によって、今度は全く経験のない野球リーグへの二重参加を厳命されてしまう。
  • しかしレースに勝ったはずのフェイトは喜びもつかの間、勝ちを譲られたことに再びヘソを曲げ、このレースはインチキだとしてレースのやり直しを要求する。
  • 幸せを感じる2人だが、喜びもつかの間、自転車で買い物に出かけたマギーが事故に遭って重体に。
  • 手放しで喜ぶ託生だがその喜びもつかの間、ギイがその当日に行われる生徒会行事のスヌーカー大会に参加することを聞く。
  • しかし喜びもつかの間、熱心に練習に励んでいるさなか、療養から戻ってきたプロライセンサー・浜野からのとばっちりを受けたのだ。
  • さくら子の留守中には、愛馬みやまとホワイトローズの子どもが産まれていたが、さくら子の喜びもつかの間、その子馬が行方不明になってしまう。
  • しかし喜びもつかの間、1943年に報道班員としてマニラに渡り、終戦を前にした1945年7月20日、31歳の若さで戦火の中に姿を消す。
  • しかし、その喜びもつかの間、ミツはハンセン病と診断され、北アルプス山麓の療養所へと隔離されてしまう。
  • しかし喜びもつかの間9月22日に英海軍は特殊潜航艇X艇を投入、船底に2000kgもの爆薬を仕掛けられ、ティルピッツは航行不能となった。