喜びの色

147 の用例 (0.00 秒)
  • 痩せ衰えた表情に喜びの色が広がっていったのは数秒後のことであった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター04 D-死街譚』より引用
  • 葉子の顔には自分のした事に対して子供のような喜びの色が浮かんでいた。 有島武郎『或る女』より引用
  • 葉子の顔には自分のしたことに対して子供のような喜びの色が浮かんでいた。 有島武郎『或る女』より引用
  • たちまち、喜びの色が内部で息をころしていた人々の顔上にもどってきた。 ドイル/斎藤伯好訳『マラコット海淵』より引用
  • 「それに、やっぱり嫌だな」 なのに、そこには喜びの色も感じられた。 新井輝『ROOM NO.1301 僕と綾さんと身代わりの暗闇プレイ [2005 03SUMMER]』より引用
  • 彼女の眼がロメオにそそがれた時にも、何一つ喜びの色を見せなかった。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • だが、薄笑みを浮かべた男の瞳には、はっきりと喜びの色があった。 三雲岳斗『カーマロカ 将門異聞』より引用
  • ところが私だとわかると、みるみる驚いた喜びの色が眼にあふれてきた。 シュトルム/高橋義孝訳『みずうみ』より引用
  • その目にかすかな喜びの色があるのを、ヴァレリーは見てとったように思った。 マクリーン『女王陛下のユリシーズ号』より引用
  • 愚かな少年の顔は、あきらかに動物的な喜びの色を包みかくしません。 クレランド/江藤潔訳『ファーニィ・ヒル』より引用
  • それは喜びの色のようでもあり、苦痛のようでもあった。 西村京太郎『現金強奪計画 ダービーを狙え』より引用
  • 無表情に近かった葉の顔に、みるみるうちに喜びの色が広がっていく。 三上延『シャドウテイカー3 フェイクアウト』より引用
  • ドキッとした警部は言葉をとぎらせ、喜びの色がその顔から消えた。 クイーン/田村隆一訳『最後の悲劇』より引用
  • よく聞いていればその声の中に喜びの色が濃いのに気づく筈だが、誰も文句を言わなかった。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • その言葉を聞くと、両親は初めて喜びの色をあらわにした。 楡周平『フェイク』より引用
  • どの子の顔にも喜びの色が輝いている。 森鴎外『木精』より引用
  • その目のなかには満ちたりた喜びの色がうかがわれた。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • かすかにはにかんだような喜びの色が女の顔にうかんでいた。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • その人の本心が喜ばない以上、鼻は決して喜びの色を見せませぬ。 夢野久作『鼻の表現』より引用
  • 教授は驚きながらも喜びの色を見せた。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • 次へ »