喉を切り裂か

20 の用例 (0.00 秒)
  • ほんの数時間前の円形舞台ぶたい上では、おれの喉を切り裂こうとしていたのに。 喬林知『今日からマ王 第09巻 「地にはマのつく星が降る!」』より引用
  • 間合いを詰めるまでに爪がベイキの喉を切り裂く時間は充分にあった。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 扇子が長い弧を描いた瞬間、縁に仕込んでいた刃がユタの喉を切り裂いた。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 少女に身寄りがないことを知ってすぐ、近江のナイフは少女の喉を切り裂いていた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 14 山口防衛戦3』より引用
  • 犯人は性交後、眠っている彼女の喉を切り裂くという残忍な手口で彼女を殺害した。
  • 最初に思い描いた通りの軌道で、ラッドののどを切りこうとする。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 商売用のものは電気で殺すけど、バーベキューにするやつは、ナイフでのどを切り裂いて血を出す。 影山民夫『ボルネオホテル』より引用
  • 喉を切り裂かれて死んでいたんだ。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 目を閉じてそいつの喉を切り裂いた。 馳星周『不夜城』より引用
  • 八人目の犠牲者ののどを切り裂き、えぐり取った心臓をもてあそんでいる時、笈野は逮捕された。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • マンションで、喉を切り裂かれて死んでいた信太郎を見たとき、おれは自分がやった錯覚に襲われた。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • 喉を切り裂かれて悲鳴をあげられるほど伊織の声帯は特殊ではなかった、靖道がそうであったように。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • もとより喉を切り裂かれたブリゲルトが答えられるわけもない。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 腕には喉を切り裂いた包丁がしっかりと握られている。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • 浴槽の中の市川百合子の死体も、これまでに殺された男たちと同様に、喉を切り裂かれていたのである。 赤川次郎『輪舞―恋と死のゲーム』より引用
  • まされた切っ先が、彼女ののどく直前でぴたりと止まる。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • こいつの喉を切り裂いてやって! 赤川次郎『輪舞―恋と死のゲーム』より引用
  • 顔は歪み、喉を切り裂くような悲鳴を上げている。 ジェイムズ・ブリッシュ『09 明日への帰還』より引用
  • 喉を切り裂かれたことだよ! 服部まゆみ『一八八八 切り裂きジャック』より引用
  • しかも、みんな同じように、刃物で喉を切り裂かれている。 赤川次郎『輪舞―恋と死のゲーム』より引用