善人

全て 名詞
1,312 の用例 (0.02 秒)
  • 本人が基本的に善人だから、それが致命的な問題にまでなっていないが。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 狼狽しているあいだに、積極的な善人は問題を解決することに手を貸す。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 02 ささやかな戦い』より引用
  • ただしおれのほうも、事の性質上、今日は善人になってもいられなかった。 樋口有介『ろくでなし』より引用
  • 私はいい人間でいたいわけでも、善人でいたいわけでもありません。 西尾維新『猫物語(白)』より引用
  • ことに絵描きは善人が多いのだ、いいものにはすぐ感じさせられるのだ。 小出楢重『楢重雑筆』より引用
  • 時代劇では善人役での出演が多いが、悪役として出演することも多かった。
  • 善人でもないし、いつも秋穂のことばかり考えていてくれるわけでもない。 柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』より引用
  • アメリカ市民は善人だというが、プロレスラーだって根は人は好いのだ。 五味康祐『西方の音』より引用
  • ピュアな心になって善人になって、一緒にお友達になりましょうって? 松岡圭祐『千里眼 堕天使のメモリー』より引用
  • 善人はいかにも穏やかなよい顔をしてゐるし、悪人は醜い顔をしてゐる。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 3 20070907』より引用
  • わしのおかした悪は忘れられて、人は皆わしを善人であったと言うであろう。 倉田百三『出家とその弟子』より引用
  • 善人になることはあなたの思ってるように容易なものではない。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 社会というものは、善人たちに、それと知らずに残酷であることを許す。 アラン/宗左近訳『幸福について(上)』より引用
  • 善人たちが恋は不条理だというのは、こうしたことがあるからである。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用
  • ところがここに善人の犯罪というものがあって、自ら罪を感じない場合がある。 坂口安吾『我が人生観』より引用
  • だが裁判官は悪人や犯人を罰し、善人を保護するために槍をもつのです。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(下)』より引用
  • また善人でなければ悪人というように明瞭に区別できるものではない。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • 賢明な善人の顔の上にもうひとつの同じ顔が重なっていたのである。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 善人でもなく、嫌われることを気にしないほどの悪人でもないのです。 酒井順子『たのしい・わるくち』より引用
  • あれは御覧の通りの善人で、唯もう仕事大事に勤めているんだからね。 薄田泣菫『艸木虫魚』より引用
  • 次へ »