啓子

全て 名詞
1,980 の用例 (0.01 秒)
  • 答えたはずなのに、彼はこうして啓子のアパートまで来てしまっている。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • 姉妹が居間で話をしていると、美代子の娘、啓子が学校から帰ってきた。 片岡義男『私はいつも私 片岡義男 恋愛短篇セレクション 別れ』より引用
  • 啓子はああでもないこうでもないと口の中でぶつぶついい続けていた。 黒川博行『キャッツアイころがった』より引用
  • 啓子のところに匿名の女名前で封書が届いたのは一週間前のことである。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • 五十嵐の出て行ったドアのあたりをまだじっと見ている啓子にいった。 黒川博行『キャッツアイころがった』より引用
  • 啓子さんのグラス投げ、あんなこと最近の若い女はまずやらないでしょう。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用
  • 原宿の小さな温泉マークに鋭一は数度、啓子を連れていったことがある。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • ただ僕たちがやろうとした筋書きを啓子さんが知っていることは言いました。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用
  • 緑川が言い間違えたのかもしれないと、啓子はそれ以上はきかなかった。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用
  • さほどの能力はないかもしれないが、啓子もやはり霊感能者の一人だった。 山田正紀『神狩り』より引用
  • その三年の間に、啓子は見違えるように女っぽく、魅力的になっていた。 赤川次郎『告別』より引用
  • 中から飛び出して来た男とぶつかりそうになって、啓子は声を上げた。 赤川次郎『クリスマス・イヴ』より引用
  • 車が道のわきへ寄って停ると、啓子は急いで後ろの座席へと飛び込んだ。 赤川次郎『虹に向って走れ』より引用
  • 島内啓子についての回想が彼にそのような姿勢をとらせたのであった。 井上靖『崖(下)』より引用
  • それにしてもさっき啓子の話したあの家のまえの持ち主のことは気になった。 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』より引用
  • 啓子さんはやっぱりだれかを殺害しようとたくらんでいたんじゃないか。 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』より引用
  • 戻って来た聡子を促して、啓子は、少し後からスタジオへ入って行った。 赤川次郎『虹に向って走れ』より引用
  • 玄関口まで見送りにきた啓子さんは、淋しそうな目で俺の名前を口にした。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用
  • 緑川がこれまで啓子が耳にしたこともないうつろな口調でつぶやいた。 藤堂志津子『藤堂志津子 恋愛傑作選』より引用
  • 自分も泊りに来たのではあるが、伊沢啓子は、見ていて照れてしまった。 赤川次郎『クリスマス・イヴ』より引用
  • 次へ »