問ひかけまし

17 の例文 (0.00 秒)
  • 「此矢は何處に置いてあつたのだ」 平次は甥の鐵之助に問ひかけました。 ...
  • 「あの空地で殺されてゐるのを、誰が先に見つけたんだ」 平次は誰へともなく問ひかけました。
  • 「それを、どうしてお前はお高に話したのだ」 平次はいきなり彌太八に問ひかけました。
  • 「お前さんはその時何處に居なすつたんだ」 平次は責任者のお霜に問ひかけました。 ...
  • 彼女は、ある晩、楽屋の入口に立つてゐる彼に向つて、耳もとでかう問ひかけました。 ...
  • 「親分、なぜ縛らなかつたんです」 歸る途々ガラツ八は問ひかけました。
  • 「それぢや、昨夜とその前の晩、旦那の宗太郎さんは此家に居たかい」 平次は利助に代つて問ひかけました。
  • で私はクレオパトラやサロメの例を引いて、何故貴方はあのやうに嘆いてゐらつしやいましたか、と言葉をあらためて新しく問ひかけました。 ...
  • 「今晩お蝶が家を出たのを知つて居たのか」 平次は、お輝の少し落着いた樣子を見て問ひかけました。 ...
  • 「昨夜のことを訊き度いが」 平次は無表情に問ひかけました。 ...
  • 番所へ送つた歸り、あかつきの霜を踏んで、ガラツ八は問ひかけました。
  • 「ところで、誰がお内儀さんを殺さうとたくらんで居るのだ」 八五郎はザツと人別を明らかにした上、お縫に問ひかけました。 ...
  • そのお夏が歸ると、その後ろ姿を見送つて、 「お前さんに訊けばわかるだらうが、此家は帳場で、どんな印肉を使つてゐるんだ」 平次は房吉に問ひかけました。 ...
  • 「お前さんの手文庫てぶんこの中から、小判で二百三十兩ほど出て來たが、あれは何うした金だい」 平次はこの念入りに化粧した顏を、出來の惡い人形でも見るやうな冷淡な眼で、ツクヅク眺め入り乍ら問ひかけました。
  • すこし遅れて起ちあがつた巨摩六郎は、あとに残つた笹山千鶴子をつかまへて、かう問ひかけました。 ...
  • この騷ぎが一と片附きすると、ありつたけの蝋燭らふそくともして、舞臺の上へ固くなつた人達が期せずして平次に問ひかけました。 ...