商社

全て 名詞
2,307 の用例 (0.01 秒)
  • 封筒は彼の知らない商社のもので、中にはタイプで打った手紙が入っていた。 モーム/篠原慎訳『諜報員アシェンデン』より引用
  • 出せば、回り回って、日本の商社に横流しにされる可能性があるからね。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • 知らなかったけど、買取している商社の担当者が変更になったらしい。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • その理由は、商社には有名な大学を出た男の人たちが多いからだ。 夏石鈴子『いらっしゃいませ』より引用
  • モンチッチにいい残し、勤務先の商社差しまわしの車で空港に向いました。 深田祐介『スチュワーデス物語』より引用
  • 江南は文学青年で、商社に勤めだしても就業中に詩を書くような男だった。
  • 彼女の夫となるべき男は、東大出身の一流商社のエリートだそうである。 森村誠一『人間の証明』より引用
  • 日本の商社で働いていたような話を一度、聞いたことがあります。 平岩弓枝『パナマ運河の殺人』より引用
  • 相手は私と彼女を引き合わせてくれたあの先輩で、本人は商社に勤めている。 宮部みゆき『龍は眠る』より引用
  • わたしが働く小さな商社も、定時の六時に帰る男の人なんて、誰もいない。 夏石鈴子『家内安全』より引用
  • 父親は東京高商を出て貿易商社勤めで、母親は明治のモダンな女性だった。
  • 商社等を介さない直接貿易が中心で、一国一代理店を原則としている。
  • 世間れした商社次長は、まだ三十半ばなのに四十歳を超えてみえた。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 彼の働いていた商社の仕事で西アフリカへ行っていたと、佐知子は話した。 平岩弓枝『パナマ運河の殺人』より引用
  • うちの息子はどういうわけか国立大学を出て商社に入ってね。 奥田英朗『邪魔』より引用
  • 商社は企業グループ内の窓口として調整機関としての機能をもつようになった。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 男は、その後会社を変っていなければ、大きな商社に勤めているはずである。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • 高畑・永井らを中心とした貿易商社である日商は、十カ月後、発足した。 城山三郎『鼠 ─鈴木商店焼打ち事件─』より引用
  • 一流商社員とヤクザな雑誌記者とでは、失うものの大きさが違いすぎる。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • かつてより十大商社中の主流を占め、現在では総合商社中のトップである。
  • 次へ »

商社 で始まる単語