商社員

126 の用例 (0.00 秒)
  • 御承知のようにベトナムでは日本人商社員が危険な目にあっております。 立原正秋『血と砂』より引用
  • だがパルティザンは何を理由にこの二人の商社員を射殺したのだろうか。 木村裕主『ムッソリーニの処刑』より引用
  • それだけにここでは外国の高級軍人や外国商社員らが足しげく出入りした。 光瀬龍『所は何処、水師営 SF西郷隆盛と日露戦争』より引用
  • 一流商社員とヤクザな雑誌記者とでは、失うものの大きさが違いすぎる。 樋口有介『彼女はたぶん魔法を使う』より引用
  • 外交官や商社員の夫人や娘がほとんどだが、女優や学生もいた。 安部譲二『時速十四ノット、東へ』より引用
  • また、保護者の職業に外交官や商社員も多いことから生徒には帰国子女も多い。
  • いやしくも商社員である以上、仙田もまた英語が堪能であるはずだった。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • もしかするとあの案内役の商社員よりは実力が上かもしれない。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • ニューヨークで日本人の若い商社員一家が事件を起こした。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • 父だけでなく、医者であった兄、貿易商社員であった弟も皆、山が好きであった。 田中澄江『花の百名山』より引用
  • 知合いの商社員の奥さんで、日本から観光にきた知人を案内しているらしい。 松本清張『空の城』より引用
  • ロンドンには商社員を中心に在留邦人二千人とも言われていた。 川又一英『ヒゲのウヰスキー誕生す』より引用
  • けれどもこの商社員のつとめている東京の本社は、決して一週間以上の休暇をくれない。 堀田善衞『スペインの沈黙』より引用
  • 南機関員や現地商社員の義勇兵など日本人74人も参加した。
  • 商社員は一年半前ニューヨーク勤務になった。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • 商社員は紙から上げた眼を一同に移した。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • なんとかなるだろうとの口ぶりだったが、商社員が口をはさんだ。 星新一『おみそれ社会』より引用
  • 私はヴェトナム在住日本人商社員の間で最大の話題となっている疑問をぶつけてみた。 足立倫行『アジア海道紀行』より引用
  • 商社員は皆をじらすように悠然ゆうぜんとポケットから紙をとり出した。 松本清張『赤い氷河期』より引用
  • 信子は学生時代は自分でも小説を書きたかったんだけど、商社員と平凡な結婚をしてしまうのよね。 南木佳士『阿弥陀堂だより』より引用
  • 次へ »