商社マン

全て 名詞
238 の用例 (0.00 秒)
  • 背が低く、鼻が大きな男で、商社マンのようにすきのない服装をしていた。 小林信彦『夢の砦』より引用
  • 商社マンとして長期滞在していた人たちからは、こんな話も耳にした。 米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』より引用
  • 子供も二人いるのだが、長女は商社マンと結婚して、鎌倉かまくらに住んでいる。 夏樹静子『女検事 霞夕子 螺旋階段をおりる男』より引用
  • 商社マンがどれだけ多忙な人種なのか、理解している様子ではなかった。 阿部牧郎『オフィス街のエロス』より引用
  • 彼が連れていってくれた会員制クラブは、商社マンのまり場だったのだ。 林真理子『夢見るころを過ぎても』より引用
  • 孔ちゃんは次第に、どこから見ても商社マンにしか見えなくなっていった。 佐野洋子『神も仏もありませぬ』より引用
  • 親父さんは商社マンで、一度か二度、ぼくも吉田の家には寄ったことがある。 樋口有介『プラスチック・ラブ』より引用
  • 商社マンだった父親の仕事の関係で、幼年期をタイ、メキシコで過ごす。
  • 商社マンとして世界中を駆け回ったが、そこへは一度も行く機会がなかった。 半村良『ラヴェンダーの丘』より引用
  • その男は商社マンで、産業機器を扱う仕事をしてるというたそうよ。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 定年となれば、役人も大学教授も一流商社マンもあったもんじゃない。 山口瞳『還暦老人ボケ日記』より引用
  • 目下、大学で経済学を学んでいる次兄は、商社マンになると宣言している。 坂東眞砂子『13のエロチカ』より引用
  • それにより小生は自己の商社マンとしての甘さをよく知らされました。 松本清張『空の城』より引用
  • このゴルフクラブの会員になっている銀行員や商社マンは多い。 松本清張『空の城』より引用
  • 一日商社マンとして明治乳業の取引先との商談にも参加していた。
  • やっと商社マンらしい物腰が身につきはじめたばかりであった。 半村良『わがふるさとは黄泉の国』より引用
  • しかしそれは親が買ってくれたマンションに身長一八〇センチの商社マンと住むことでは全然なかった。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • 商社マンが二人、ラウンジのすみでコーヒーを飲みながら外人たちのほうを見た。 半村良『幻視街』より引用
  • 商社マンの中にはこの街を知り尽くしている人もいます。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 独身の外国商社マンもいれば、遊び人ふうのアラブ系の男たちもいる。 森瑤子『さよならに乾杯』より引用
  • 次へ »

商社マン の使われ方