商社の駐在員

6 の用例 (0.00 秒)
  • 大きなカスバのあるようなアフリカの都市には、日本の商社の駐在員が数人はいる。 石毛直道『食生活を探検する』より引用
  • アフリカあたりで働いている日本の技術者や商社の駐在員は、たいてい単身で赴任している。 石毛直道『食生活を探検する』より引用
  • 商社の駐在員ちゆうざいいん風の男が演歌を歌っている。 藤田宜永『野望のラビリンス』より引用
  • 茉莉には和男かずおという名の四歳年上の兄がいて、結婚していまは商社の駐在員として香港に住んでいるが、その兄一家にしても、子宝に恵まれて幸せそうだが、それは男のほうの身内として見ているからなのかもしれない。 吉村達也『スイッチ』より引用
  • 輸出商社からの進めもあって1955年に加藤繁が市場調査のためアメリカ合衆国にアルコ35を持参した際、ニューヨークで商社の駐在員からボルシーアメリカのジャック・ボゴポルスキーを紹介されて見せたところ非常に興味を持ち、「自分の会社で販売したい」「アイデアを送るから製品化して欲しい」という話になった。
  • なんとか参加出来たのは、アスンシオン市内の貸衣裳いしよう屋に、二日間の使用料一万二千グァラニーを払ったからで、商社の駐在員などは、急遽きゆうきよアルゼンチンから取寄せていた。 佐木隆三『旅人たちの南十字星(「逃亡射殺」に改題)』より引用