商社の社員

14 の用例 (0.00 秒)
  • 大きな机があり、本棚には、商社の社員らしく、外国語の本が多かった。 西村京太郎『EF63形機関車の証言』より引用
  • 彼女の父親は小学校の校長だし、姉は一流商社の社員と結婚していると経歴書に書いてあるのを見たことがある。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 商社の社員団地を舞台に住民たちの物語を描く。
  • 同じ商社の社員ばかりではなく、関連会社の人まで連れて来るから、女房の苦労はよそに、夫の評判ばかりが高くなる。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 巨大総合商社の社員の犯罪である。 阿部牧郎『オフィス街のエロス』より引用
  • 私はもはや某商社の社員某というものではない。 ラム/平井正穂訳『エリア随筆』より引用
  • 派遣先は大手商社の社員食堂だった。 盛田隆二『サウダージ』より引用
  • 何もしないで給料がもらえ、その上一流商社の社員という肩書きが誇れれば言うことはないと思っているらしい。 半村良『ラヴェンダーの丘』より引用
  • いずれ日本大使館勤めの外交官、パリ駐在の商社の社員の人々でしょうが、周りの外人男性がキッキュウジョとして、細君の世話をしている中で、自分だけが日本的亭主の態度をとっているわけにはいかない。 遠藤周作『ぐうたら愛情学』より引用
  • 商社の社員で、これからキエタの銅山へ行くという。 豊田穣『南十字星の戦場』より引用
  • 本来なら鶴井が検木の手伝いにでかけて当然だろうが、財閥系商社の社員は、木材を扱いながら、往々にして専門的知識に欠け、検木ができない。 深田祐介『炎熱商人(下)』より引用
  • グスタフはバーゼルに住んでおり、フランクフルト、マンハイム、そしてケルンの各地に支店を持つスイスのある商社の社員ということになっていた。 モーム/篠原慎訳『諜報員アシェンデン』より引用
  • 義兄は、大手の総合商社の社員だった。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 松山正男神奈川大学名誉教授を中心に東京工業大学、大阪大学、信州大学、専修大学などの大学教員、英語教員、企業の社員、商社の社員、コンサルタントなどの会員が所属する。