商社の支店

11 の用例 (0.00 秒)
  • 商社の支店長も、そのような場所に、美容院のあるじを案内するにちがいなかった。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 夫は遊覧船から上がると、日本の商社の支店の一つを訪ねた。 松本清張『空の城』より引用
  • 日本大使館員も、商社の支店長も親切であり、要領よく情勢を説明してくれた。 堺屋太一『油断!』より引用
  • その四時間のあいだ、藤野由美は商社の支店長の案内につき合ったわけだが、相手の男が気に染まなかったので別れてきたといっている。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 商社の支店には、代々鉄鋼本部の出身者が支店長に就任する店があって、「鉄の店」とはそのことを指しているのである。 深田祐介『暗闇商人(上)』より引用
  • 大商社の支店長連や日本大使館が最もけむたがる類いの人物だが、私たちにとっては頼りになる指南である。 近藤紘一『妻と娘の国へ行った特派員』より引用
  • 近くには日本大使館の一等書記官や、有名商社の支店長が住んでいましたから、一種の特権階級なみのぜいたく地帯だったといえます。 工藤久代『ワルシャワ猫物語』より引用
  • しかし、藤野由美は商社の支店長から呼び出しの電話があったので、と門田に外出の諒承を求めたのだ。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • オランダ商館は、総合商社の支店としての機能と在外公館としての役割をあわせて担い、本国と密接に連絡を取ることで、オランダ海上帝国とも呼ばれる通商国家オランダの繁栄を支えた。
  • この数年、現地検品が盛んになって、各合板メーカーが、一、二名の社員を南洋材の産地にある商社の支店にそれぞれ送りこんでいる、という話は、石山も耳にしていた。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 本村は丸三日間、総局長に連れられて、日本大使館やジェトロ事務所、商社の支店、それにアル・アハラムなどの現地新聞社を回ってみたが、出発前に日本で仕入れた知識以上のものは何一つつかめず、ただピラミッドの壮大な姿とナイル名物ハト料理の味の印象を得ただけであった。 堺屋太一『油断!』より引用