商社に勤務

12 の用例 (0.00 秒)
  • 現在、商社に勤務していて、海外に二年ほど赴任しなければならなくなった。 川島誠『もういちど走り出そう』より引用
  • 父の義作は神戸の米国人商館に出入りする木材輸入商社に勤務する貿易商だった。
  • 父親がハルピンの商社に勤務していたため満州で生まれた。
  • 中高一貫教育の地元の私立受験校から、東京の大学を卒業して、商社に勤務していた。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • 商社に勤務していた父武仁の転勤に伴い、1976年から1980年までの4年間をポーランドで過ごした。
  • 大阪で商社に勤務した後、家業である蒲生八幡神社を継ぐため故郷鹿児島に帰る。
  • 二年ほど商社に勤務したのち上京、1969年、勤務先で勝目梓と出会い恋愛関係となる。
  • 引退後は都内の商社に勤務する。
  • 戦後は商社に勤務していたが、1953年のヒマラヤ・マナスル第一次遠征隊に参加し、1956年には西堀榮三郎に請われて第一次南極観測隊に参加する。
  • 帰国後、商社に勤務する傍ら文筆活動を始め、『生き急ぐ』はロングセラーとなる。
  • Bさんのお父さんは、女子大を卒業して、一流貿易商社に勤務するようになったBさんが、友人と映画などを見たり、銀座や新宿で食事をして、帰るのがおくれて夜の十時をすぎると、遠慮なく横つらをひっぱたく。 田中澄江『なぜ愛なのか 十三の報告から』より引用
  • 商社に勤務している父親が、アメリカ西海岸に駐在していたので、モンチッチも少女時代を現地で過し、そのせいか、はなはだ陽気で、楽天的な性質です。 深田祐介『スチュワーデス物語』より引用