商社に勤める

17 の用例 (0.00 秒)
  • 相手は店によく来ていた、外資系の商社に勤めるアメリカ人だった。 金城一紀『GO』より引用
  • 娘は結婚して、やはり商社に勤める亭主と幸せにやっている、という。 色川武大『花のさかりは地下道で』より引用
  • ひょっとしたら、自分は商社に勤めるただの広報マンなのではなかろうか? 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • 一流商社に勤める夫は勤勉であり、悪癖も持たず、誰に対しても優しい。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 当時、商社に勤める兄が赴任していたこともあって、いっそ西海岸の大学に入ってみたらどうだというのだ。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』より引用
  • アリサの母、京美は、京都の商社に勤める四歳上の男と二十七歳で結婚し、ふたりの子供をもうけた。 姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』より引用
  • 商社に勤める私の父親が、接待で利用しているらしい。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • もう四年前になるが、僕がロンドンからパリに立ち寄ったとき、そこの商社に勤める羽鳥という友人が、車でブーローニュの森を案内してくれた。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • 真穂の話は何もかもがアニメのまま、たぶんもっと突っ込んで話を聞いたら、由衣の父親は商社に勤めるサラリーマンで、家にはジャーニーという犬がいる。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • ほぼ二日置きに通い、セーラが丸の内にある外人商社に勤めること、勤めの後、近くの国際外語大学で、商業英語のレッスンを受けることを知り、彼女は戻るとしばらく店に出てGIの相手をする、ママの監視がきびしく、一緒に踊ることはまずない。 野坂昭如『東京十二契』より引用
  • お父さんはものすごく有名な商社に勤めるサラリーマンだった。 金城一紀『GO』より引用
  • 大阪の大手商社に勤める鴨方利一は、仕事も出来て女性からもモテモテのエリートサラリーマンだが、週末には少女漫画家・花屋敷雲雀としてこっそり漫画を描いている。
  • 大手町の商社に勤めるOLだそうである。 南里征典『自由ケ丘密会夫人』より引用
  • 私は25歳の商社に勤めるOLです。 梅田みか『愛人の掟3』より引用
  • 丸の内の商社に勤める男が、オフデイにはプロゴルファーとして、日本国内はもちろん、シンガポール、ソウル、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパへの遠征試合に出かけて行く。 森瑤子『アイランド』より引用
  • それとも商社に勤めるとか? 新津きよみ『婚約者』より引用
  • 商社に勤める普通のOL・宮本さやか。